こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

チョウのすきな葉っぱの味(第384号)

チョウの幼虫はめちゃくちゃ偏食らしい。

タイトルは「すき」になっているが、そんなレベルではなく、特定の葉っぱしか食べないのだ。「食草」もしくは「食樹」というらしい。たとえ食べ尽くして飢えたとしても、他の植物には決して手を出さない。挙げ句の果て死んでしまう例もあるということだ。

親である成虫が卵を産みつけるのはもちろん、食草である植物。しかし、数多ある緑の中からどうやって自分の食草を見つけるのだろうか。多くのチョウは前脚で感じた味で確かめているらしい。アゲハチョウはサンショウの葉に産卵するけれど、サンショウにはアゲハに産卵を促す特別な味の成分が含まれている。アゲハはそれを前脚の感覚毛で確かめている。

Research ─ 研究を通して ─:チョウの味覚から種分化を探る

成虫になってしまえば、花の蜜始めさまざまなものを食べるのだから、食草は、たとえるなら母乳のようなものなのかもしれない。人間の赤ん坊が母乳(あるいは人工乳)しか飲まないからといって、偏食とは言わないのだから。

食草の多くは、サンショウやセリのように強いにおいを持っていたり、カタバミやスイバのように強い酸を含んでいたり、アブラナ科の植物のようにカラシ油というからい成分を含んでいたりする。ウマノスズクサのように毒を持つものもある。ほかの虫たちが食べたがらなかったり、牧場の家畜たちに敬遠されたりする植物なのだ。

毒草のウマノスズクサを食べるジャコウアゲハは、成虫になってもなお、その身に毒を含み、襲った鳥は不味さのあまり、二度と手を出さなくなるそうだ。あのやくざなヒヨドリが困惑気味に吐き出している挿絵が何とも面白かった。

強い臭いを持つといえば、私の大好きなパクチーもそのひとつだけれど、やはりチョウの幼虫に食べられたりしているのだろうか。ちょっと検索してみると、やはりセリ科の植物、栽培していると卵を産みつけられて食害に遭ったりするらしい。

こう考えると、チョウの(幼虫)の競合相手は、実は人間だったりするのかもしれない。もっとも山椒や芹、香草は人間とてそう食べるものではないから、競合というほどでもないのだろう。エゾシロチョウのように大量発生するとなると、駆除という話にもなってくるのだろうが。

この『消えたエゾシロチョウ』でも、チョウと植物の生き残りをかけたドラマを見ることができたが、『チョウのすきな葉っぱの味』でもそんな、植物と虫との緊張感のある関係を読み解くことができる。

これからちょうど季節。子供に付き合っている野鳥観察ついでに、チョウと植物にも目を向けてみたいと思った(鳥だけで手一杯か?)。

チョウの好きな葉っぱの味 (月刊たくさんのふしぎ2017年3月号)

チョウの好きな葉っぱの味 (月刊たくさんのふしぎ2017年3月号)