こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

すれちがいの生態学 キオビベッコウと小道の虫たち(第388号)

わたしは蜘蛛が何より苦手で、家に現れるムカデに熱湯をかけることも、ゴキブリを叩き潰すことも厭わないが、蜘蛛だけはどうしてもダメだ。さすがにハエトリくらいでぎゃあぎゃあ言ってたら暮らしていけないのでそこは慣れた(見なかったふりをする)が、ジョロウグモコガネグモサイズになると冷や汗が出てくる。アシダカグモは問題外の問題外の問題外で、抜け殻ですら恐ろしい。鹿児島住みの頃は、あれが頻繁に出た(実際のところは合わせて10回も見ていないのだが)ので、本当に恐怖だった。奴が現れた部屋は閉め切って、そこに用事があろうと、夫が帰ってきて追い出してくれるまで決して入ることはなかった。害はないと言われようが、むしろ益虫と言われようが、そんなのは関係ないのだ。しかし、蜘蛛は蜘蛛でもアリグモなどは蟻そっくりなので怖くない、というのはひとえに「蜘蛛らしいかどうか」という外見の問題なのだろう。「生理的に受け付けない」という言葉は、外見など生まれもって変えることのできないことに対して無情な物言いだと思うが、だからこそ外見以外の面の理解に努めようとするのが人間らしいあり方なのかもしれない。にしても、加治木くも合戦の観戦はけっこうきついイベントだった…(加治木まんじゅうはおいしいけれど)。

キオビベッコウはハチなのに、なぜクモの話?と思われることだろうが、彼らの獲物はクモなのだ。好物はコガネグモらしい。同じ仲間のオオベッコウバチなどは、英語でタランチュラホーク(Tarantula hawk)と呼ばれるように、何とタランチュラを狩るということだ。げえ…。ちょっと調べてみると、ベッコウバチの仲間はクモバチ科として分類し直されており、子供の昆虫図鑑にも、キオビベッコウはキオビクモバチとして載っていた。蜘蛛専門のハンターということと、必ずしも鼈甲色ではないかららしいが、ベッコウの方が風情があっていいと思ってしまうのは、自分が蜘蛛嫌いだからだろう。

蜘蛛を食べてくれるのだから、ベッコウバチ(クモバチ)は大歓迎なのでは?と思われることだろうが、狩られた蜘蛛はハチに麻酔をかけられて巣に引っ張り込まれ、卵を産みつけられて、生きたまま(仮死状態)幼虫のエサになるのだ。人間の単なる感傷とはいえ、気の毒にも思えてきてしまう。

さて、本書のタイトルである「すれちがい」とは何か?端的に言うと、キオビベッコウのメスは、巣作りをするためにやってきた場所で、どんな生き物とどのような出会い(すれちがい)があるのかということだ。結論から言えば、そこでキオビベッコウのメスがいちばん頻繁に出くわすのは、同じキオビベッコウのメスということだ。巣作りする砂地にこだわりをもつキオビベッコウが、それに適した場所に集まってくるのは当たり前のことではないかと思われることだろうが、じゃあお互い干渉することもなく知らぬふりで自らの仕事に勤しんでいるのかと思えばそうではなく、そこには様々なドラマが繰り広げられているのだ。

集まってくる、とはいってもてんでばらばらな時間ではない。規則正しい一日を送るキオビベッコウは、朝と夕方の同じような時間帯におなじ砂地に集まってくる。メス同士が朝夕集まってくるとは、何だか井戸端会議のような様相だが、人間のそれが果たしているような、ご近所同士の交流といった役割は皆無だ。そこはある意味戦場なのだ。時には出し抜き、時には出し抜かれ…といった神経戦や、直接対決の肉弾戦、そこにカマキリが加わったりしての"異種"格闘技まで見ることができる。

砂地のキオビベッコウたちは、ミツバチやスズメバチのように、協力して子そだてをすることは、もちろんない。むしろ、おたがいは、できれば出会いたくない敵であり、ライバルである。しかし、そんな彼女たちもまた、おたがいの存在がなくてはなりたたないくらしをおくっている。(略)そこには、出会いたくないのに、その相手を身近に必要とする矛盾をかかえた、フクザツな生き方があった。

なぜ、敵でありライバルである同種のメス同士、井戸端会議ならぬ井戸端戦争をしなければならないのか?そこはぜひ、本号を手に取って読んで欲しい。滅法面白いドラマが見られること請け合いである。

しかし、男ども(オス)は何やってんだ…と思って、あらためて図鑑を見てみたら、大きさも模様もまったく違うハチ同士が並んでいた。あまりに違う外見なので、かつては別種だと思われていたそうだ。

すれちがいの生態学 キオビベッコウと小道の虫たち (月刊たくさんのふしぎ2017年7月号)