こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

スウェーデンの 変身する家具(第405号)

本号を寝っ転がって読んでいた子供が、

「ねえねえ、スエーデンでは、人んちの森にも自由に入っていいんだって。そこでキャンプしてもいいんだって。すごいねー」

と言い出した。

実はこれ『森はみんなの保育園』にも書いてあったことなのだ。こちらはデンマークの話だったが、ご近所の国スウェーデンにも同じような慣習があるようだ。自然享受権というものであるらしい。

 

変身する家具とは?

たとえば窓ぎわの置物台、これがダイニングテーブルに変身したり。

ベンチとして利用していたものが、夜にはベッドに早変わりしたり。

テーブルと思っていたのが、椅子になったり。

折りたたみ式であったり、分割して片付けられるようになっていたり。

スウェーデンでは、ライティングビューローと同じような、省スペースの家具がたくさん作られているのだ。

しかし、もしこのような家具が我が家にあったとすれば、決して折り畳まれたり、早変わりしたり省スペースになったりすることはないだろう。物がどっさり乗っかって、変身する余地などないからだ…。

なぜ、スウェーデンではこのような家具が生まれたのか。

日本の住居はかつてウサギ小屋などと揶揄されていたものだが、昔のスウェーデンの家も、負けずとも劣らないくらい“狭小住宅”だった。

狭いといっても、本書に登場する150年前の家は森の中の一軒家。しかも本当の意味で狭いわけではない。家そのものは広く作られているが、ふだん生活するのは狭く限られた場所。使っていない“デッドスペース”は、人が集まったりする時に使う特別な部屋なのだ。

狭い部屋で暮らす理由とは?それはひとえに暖房効率を上げるため。北欧の国、スウェーデンの冬は寒い。マイナス30度近くまで下がることもあるのだ。暖炉や煮炊きの熱を部屋中に行き渡らせるためには、狭い部屋である方が都合良い。その限られた空間に合わせて作られたのが、これらの変身する家具というわけだ。

なかでも面白いのが箱形のベッド。気密性に優れているので、より熱を逃がさず暖かく眠ることができる。これも“変身する家具”であるからにして、内側に本棚があったり、外側に折りたたみ式の机が取り付けられていたり。大改造!!劇的ビフォーアフターも真っ青な作りっぷりだ。

スウェーデンといえば、真っ先にイケアが思い浮かぶけれども、IKEAの家具もこんなカラクリ仕立てなのだろうか?ちょっと調べてみると、こんな多機能家具が見つかった。

FRIHETEN フリーヘーテン コーナーソファベッド 収納付き - スキフテボー ダークグレー - IKEA

NORDEN ノールデン ゲートレッグテーブル - IKEA

ゲートレッグテーブルは何世紀も前から使われてきました。

なんて説明も見受けられる。IKEAにも“変身する家具の伝統”が受け継がれていると言っていいのかもしれない。

しかし、IKEAが本当に受け継いでいるのは、変身する家具そのものではなく、それよりはむしろDIY精神の方だ。本文にはこんなことが書かれている。

夏休みに、木の家を修理することを楽しみにしている人もいます。

このとき、おとなに交じって、子どもたちも手伝います。学校の授業で、ナイフやノコギリ、トンカチなど大工道具の使い方を学ぶので、慣れた手つきです。

ある子どもは、古い民家を手入れするのが憧れと語っていました。

IKEAの家具は、配送・組立・設置をすべて客が行う前提になっている。なかでも組立は結構難儀すると聞く。だが、家の修理を楽しみにしていたり、学校で大工道具の使い方を学んでいたりするスウェーデンの人々にとって、すでにパーツが揃った家具を組み立ててるなど雑作もないことなのだろう。無料のスペアパーツコーナーが設けられているというのもうなずける話だ。壊れても修理はお手の物なのかもしれない。

うちは無理…と思ったけれど、家具を買うと思うからこういう発想になるのであって、組み立てる楽しみを買うと思えば、案外ハマる可能性もある。家族であーだこーだ言いながら作業したら面白いのかもしれない。もっとも引越屋さん泣かせと噂される*1IKEAなので、転勤族の我が家には向かない家具ではあるのだが…。

スウェーデンの 変身する家具 (月刊たくさんのふしぎ2018年12月号)

スウェーデンの 変身する家具 (月刊たくさんのふしぎ2018年12月号)