こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

もじのカタチ(第305号)

子供が突然、広告の裏に「ふ」の字をいろいろ書き始めたので、何かと思ったらこの『もじのカタチ』に触発されてのことだとわかった。最近はいちばん最初に「たくさんのふしぎ」を読むのは子供で、私はブログを書くために後から読むということが多い。にしても、ブログを書くために読むとは何たる不純な動機だろうか。当初は単なる記録としての意味合いしか持たせるつもりはなく、文章も削りに削って、短文を積み重ねパッと読めるものを目指していた。しかし、ごちゃごちゃ書きたがる生来の性格に、表現をしたいという欲が出てしまうと、なかなか初心にかえることは難しい。

元々ひらがなは漢字からできたんだよ、ということは教えていたが、本書で「不」から「ふ」に変わっていく様がビジュアルで表現されているのを見て、子供は実際に書いてたどってみたいと思ったのだろう。本書では「ふ」と発音するひらがなは、「不」の他にかつては「婦」「布」「夫」などの漢字を元にしたものもあったということで、むかしのひらがなは、今の5倍以上あったことが紹介されている。

文字の形というと、今やデジタル機器に表示されるフォントのことが真っ先に思い浮かんでしまうが、手書きの時代であっても文字の形に工夫を施してきたことに変わりはないという当たり前の事実に、今さらながら驚かされた。「ふ」ひとつ取っても、さまざまな「ふ」を使い分けていたということは、文字の形をどう表現して伝えるかということに、昔の人も腐心していたことがよくわかる。

漢字から生まれた文字には、ひらがなの他に片仮名もあるが、これは元々文字のすき間にメモのように書く(漢文和読の補助)ために開発されたものらしい。小さく書くために単純な形を目指されてきたということで「ちょっとしたちがいで、べつのカタカナになってしまいます」とのとおり、斜めの線の傾きが違うだけで別の文字に変わってしまう、学習者泣かせの文字であることがわかる。確かにVOWでネタにされていた、海外製品の誤った日本語表記は「ンとソ」や「シとツ」の取り違えなどカタカナが多かったような印象がある。

「作者のことば」では、義務教育学校や教科書では「学習用の書体」しか使われないことを挙げ、

中学校を卒業する15歳までものあいだ、学校ではこの特殊な学習用文字だけですごしているなんて、ふしぎですね。なんとか子どもたちにも、文字の形のおもしろさを伝えたい気持ちで、この絵本「もじのカタチ」をつくりました。

と書かれているが、文字の形の面白さや工夫については、若い人の方がある意味敏感であると思う。文字を習い使い慣れた中高学年頃から、文字のカタチで自然に"遊び"始めるのは、若い人(とくに女性)の得意とするところであるのは、丸文字が流行った世代として実感できることではある。そしてその流行に乗り切れなかった個人としては、ギャル文字に眉をひそめるのは可笑しいと思いつつも、顔文字絵文字、そしてLINEスタンプと、流行と進化を続ける「文字の文化」に、うらやましさを感じつつもいまだに乗り切れないでいるのだ。

 

※ 「もじのカタチ」ということで、いつも使っているデザインテーマを1週間限定で違うものに変えてみることにしました(PCのみ)。 

月刊 たくさんのふしぎ 2010年 08月号 [雑誌]

月刊 たくさんのふしぎ 2010年 08月号 [雑誌]