読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

みんなでつくる1本の辞書 (たくさんのふしぎ傑作集)(第338号)

国語 301-400

たくさんのふしぎ」は、何ページで構成されているか知っているだろうか?

なんと、どの号も40ページで作られているのだ!ずっと読んできて、今さらながら気づいた。なんと、とか感心しなくても、公式サイトには”本文40ページ”とちゃんと書いてあるのだけれど…。

ところが、この号だけ(だと思うが)は、48ページなのだ。8ページ分ものオーバー。構成上索引もついているのだが、それを除いても本文は45ページある。

これまで読んできた号を思い返すと、内容を40ページで、しかも小学生にわかりやすい形で収めるのは大変な作業なんだろうな、と思う。1ページに詰められている文章量は特集によって違うので、その辺で調整するのだろうが、にしても構成にかなり気を配らなければ40ページちょうどにはできない。載せたかったけど、泣く泣くカットした写真とか文章とかあるのだろうと思う。しかし、その制限があるからこそ、冗長にならず、子供にも分かりやすいものができるのだろう。

この号はなぜ、40ページに収めることができなかったのだろうか?その理由は「辞書」というタイトルにある。「1本」と数えるモノ・コトを集めて辞書を作ろうという試みなので、集まったものをできるだけ多く載せなければならないのだ。もちろん、言葉だけなら大したスペースは取らない。しかし、ただ言葉をずらずら並べるだけでは、子供の本にはならないのだ。絵と言葉が合わさって初めて、伝えることができるのだ。イラストというのは、これまた見やすいように配置するのが肝心で、結果として、どうしてもページ数を食うことになってしまったのだろう。

私は出版の仕事世界のことは知らないので、ページ数が増えることで生じる影響、例えばコストのことなどわからないのだが、月刊誌もそして傑作集の方も、特別定価ではなく、通常どおりの値段設定であった。40ページに収めるかどうかについて、いろいろ議論はあったのだろうか?それとも今回は特別ということで、それほど問題にはならなかったのだろうか?

 

中国語での「1本」は「1冊の本」という意味にしかならないそうで、つまり、『みんなでつくる1本の辞書』というタイトルにある”1本”は、日本語の助数詞「本」を表す1本でもあり、「1冊の本」という意味にもなる、掛け言葉になっているのだった。