こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ズボンとスカート(第47号)

ブログのデザインテーマを一時的にでも変えてみて思ったのは、「たくさんのふしぎ」のロゴの変わらなさである。おそらくではあるが、創刊号から一貫して基本のデザインは変わっていないのだと思う。一方「こどものとも」や「かがくのとも」はさすがに、創刊からかなりの年月が経っていることもあり、ロゴはともかく時々でデザインの変更があるのは致し方ないことだろう。しかし、こと「たくさんのふしぎ」については、およそ30年もの間、基本のロゴやデザインが変わらないというのはすごいことだと思う。私は少しばかりコレクター気質があるが、そういう性質の人にとっては、変化がないというのは安心できることでもある。創刊号からぴしっと同じデザインの本が並んだ様はさぞかし圧巻で美しいだろうなあと、きっとどなたかの家にはおそらくあるだろうから、一度拝見してみたいものだ。ただ、図書館で開架にあるバックナンバーを見ると、背表紙タイトルのフォントが違う号もあったりして、その辺のところは謎でもある。

変わらないと言えば、日本においては、民族衣装であるところの和服を、日常的に着るのは限られた人たちだけになってしまったが、世界の地域の中には「洋服」とは違った独自の衣服を着るところも多い。独自の、といっても地域の気候や慣習に合わせたものなので、また貿易などで伝わったりして、複数の地域にわたって似たような衣服が見られることも多い。

たとえばサルワール・カミーズは、パキスタンアフガニスタン、インドなどで着用されているが、サルワール(ズボン)の基本的な形は一緒だ。実はこのサルワール、日本にも伝わっていて、本書によると相撲の呼出が着用している裁付袴のルーツとなった軽衫(かるさん、カルサン)は、16世紀に来日したスペイン人、ポルトガル人によってもたらされたものであるらしい。スペインやボルトガルではイスラーム時代に、ムスリムが着ていたサルワールが伝わり、それが日本にやってきたという案配であるようだ。

以前、パキスタンに行った時、当時交際中だった今の夫へのおみやげに、サルワール・カミーズの「カミーズ(シャツ)」だけ買ってきたことがある。裾がちょっと長めの、薄手の化繊製シャツは今でもパジャマとして愛用?されている。にしても行ったのはもう10年以上も前のことで、20年前近くといっても差し支えないくらいだが、頻繁に使うものでもないとはいえ、破れもせずよく保っているものだと思う。なぜサルワールの方は買ってこなかったかというと、裾がゆったりしただぶだぶのズボンはおそらく使われないだろうと思ったからだ。日本の夏の気候には、サルワールは案外合うのかもしれないが、ああいう形のズボンは着慣れないとなかなか着ようとは思わないだろう。

しかし気になるのがトイレ事情。あんなだぶだぶのズボンをどうやって下ろして用を足すのだろうか。イスラム式トイレは「和式」のところも多いが、用足しの後は水で洗い流すから、床が濡れているところも多い。水で濡れたお尻はどうするのかとか、ズボンの裾は汚れないのだろうかとか、いつも不思議に思うのだが…。

ズボンとスカート (たくさんのふしぎ傑作集)

ズボンとスカート (たくさんのふしぎ傑作集)