こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

はてなし世界の入口 (たくさんのふしぎ傑作集) (第2号)

はてなし世界の入口」として、いちばん始めに登場するのがマトリョーシカ。このマトリョーシカについて何気なく調べてみたら、沼田元氣氏の名前が出てきたのに驚いた。盆栽小僧の松ちゃんマトリョーシカ(或はこけし)になっていたのだ。さらに驚くべきことに、沼田氏のみならずオーダーメイドのマトリョーシカやこけしを作って販売するところまである。さらにさらに驚くべきことに、通販会社の千趣会は元々、OL向けのこけし販売から事業を開始、社名も「こけし千体趣味蒐集の会」を略したものだったなんて、マトリョーシカこけしが、一部世間でこんなに愛されているものだとは知らなかった。

初っ端からこけしの世界に行ってしまったが、「はてなし世界」の話にもどると、目に見える身近なものとしては、合わせ鏡に映し出された世界、

どこまでも、どこまでもつづく鏡のなかの世界、はてなし世界の入口。

がある。子供の頃、母親の三面鏡付きドレッサーに顔を挟んで、よく遊んだものだった。無限に広がる自分の顔の数々に、どこまで続いているのだろうと、目を凝らして見てみても、その果てはとても見通せそうになかった。合わせ鏡でこれだから、江戸川乱歩の「鏡地獄」はどんな世界なのだろう?

算数の勉強が進めば、兆より大きな数の単位は?それよりもっと大きな数の単位は?それよりもっと…。無量大数なんて言葉はすぐ覚えたけれど、実のところどのくらい大きな数なのかということは全く意識に上らないのだから、算数(数学)の成績はお察しである。兆の後、京からの単位もほとんど覚えないままだったが、唯一「那由他」だけは『那由他』で覚えたものだ。ちなみに、グーグルの検索エンジンが始まった当時、ああグーゴルプレックスから取ったんだな、うまいなーと思ったものだが、スペルミスで"Google"になったことを今さらながら知って驚いた。

本書の最後は、

人間のそうぞうの力にも、はてがない。そしてだんだんと、無限の世界へ人間がはいっていけるようになった。ふしぎな、無限の世界へ。

という言葉で締められているが、人間は有限の存在であるからこそ、無限の世界を夢見るのかもしれない。そして有限の存在ではあるけれども、私(と夫)がいて、私(と夫)の両親がいて、そして私(と夫)の両親のそのまた両親がいて…と、果てしないように思われる生命のリレーの果てに、自分たちの子供が存在しているということの不思議に、無限の世界の一片を感じ取ることはできるのだ。

はてなし世界の入口 (たくさんのふしぎ傑作集)

はてなし世界の入口 (たくさんのふしぎ傑作集)