こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ウナギとりの夏(第329号)

丑の日だ。うなぎが減ってきているというニュースを聞いてから、あまり買わないようになったが、今日はどこのスーパーでもお誘いが多いだろう。夕飯はうな玉丼になりそうだ。

前いた鹿児島は養殖がさかんで、そのためかわからないが、わりとうなぎを買っていたような気がする。郊外のお店にも行ってよく食べていた。関東にある実家近辺はうなぎ料理で有名だが、こと鰻については、焼きの強い“関西風”の方が好みだったりする。関東ではみな頭を落として売られているが、頭付き(どうせ食べないのだけれど)というのも、ちょっとだけ嬉しい。

夫の、父方の今は亡き祖父母のところは、せいろ蒸しが名物で、焼きの強い鰻を好む私も、この料理には目がない。遊びに行く度に、行きつけのお店で食べさせてもらったものだ。たれがしっかり染みたご飯ごと蒸すので、熱々でふわふわ、添えられた錦糸卵の彩りが食欲をそそる。家でも味が懐かしくて、蒸し器を使ってせいろ蒸し風に作ったりもするが、お店で食べる味にはやはり適わない。

買って食べることについては話は尽きないが、では、鰻の生態は?とりかたは?捌き方は?生のものの焼き方は?となると、ほとんど何も知らないことに気づかされる。前述の夫の祖父母のところでは、家の前の川にうなぎがいたので、昔はよくとって食べていたらしい。夫の父が川を見ながら話してくれた。職場の同僚の人は高知出身だが、やはり実家の近くの川でうなぎをとり、さばいた後七輪で焼いて食べたりすると話していた。スーパーで買うものではないそうだ。

『ウナギとりの夏』は、この「とって、さばいて、食べる」を余すところなく描いた絵本だ。絵日記調のやさしい絵が、夏休みの雰囲気を存分に出していて、ムッとする夏の空気、川の水の冷たさ、そしてうなぎを焼く煙のにおいまでも、まるでその場にいるかのように伝わってくる。

先日のダーウィンが来た!では「都会で発見!絶滅危惧種ウナギ」と題し、横浜市を流れる柏尾川にいるうなぎを取り上げていたが、学習の一環として小学生が仕掛けた筒にも、少なからぬ数が掛かっていて、案外に身近な川にいるものなんだなと驚かされた。ここにいるなら、家の近くの川にも絶対にいるはずだが…遊漁料がかからなかったとしても、獲ろうとする気力はとても起きないのが残念なところだ。というのは、柏尾川でなぜうなぎがとれるのかといえば、投棄された鉄板などの人工物が絶好の隠れ家になっているというのみならず、流れ込む排水の温度が一定に保たれているおかげで、生活しやすいということがあるらしい。食べるために獲るということならば、なかなか厳しい環境だ。下水処理施設が近くにあり、投棄物も少なくない我が家近くの川も、どこからかたどり着いたうなぎがきっと暮らしていることだろうが、鮎が不味いのだから鰻の味だって何をか言わんやというところだ。

しかし養殖物も天然のシラスウナギに依存している以上、本来は、このように身近な川で自家用としてとって食べるくらいがちょうど良い魚なのだろう。身近な川で「獲れない」のであれば、潔くあきらめて食べないという選択も必要なのかもしれない。今日たぶん鰻を買ってくる私が、どの口で言うのかと思われるだろうが、丑の日というこの時期だけの大量消費を見直す時が来ているということなのだろう。『ウナギとりの夏』のような風景が、かつては見られたんだよ、と過去のものにしないためにも。

ウナギとりの夏 (月刊 たくさんのふしぎ 2012年 08月号)

ウナギとりの夏 (月刊 たくさんのふしぎ 2012年 08月号)