こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ゆかいな聞き耳ずきん クロツグミの鳴き声の謎をとく (たくさんのふしぎ傑作集)(第303号)

先日また、ここでの自然観察イベントに参加した。指導してくださる方も前回と同じ先生方だ。この日はあいにくの天気で、初日は主に屋内での講義が中心となった。それでも、雨の合間に少しだけ外に出て、蜂の巣の空き家にミソサザイが間借りしている様子などを観察した。

夕方、雨が少し上がった後、コウモリの観察をしようと外に出たのだが、外気温が低いため、コウモリたちはなかなか出てこなかった。ここでコウモリを観察できる機会は、この時期のこの泊まりがけのイベントだけということで、指導員の方も残念がっていたが、そこで登場していたのがコウモリ探知機。おもわず、あ、BAT DETECTORだー!と声を上げてしまったが、Amazonにもありますよと言われて、調べてみたら本当に売っていた

夜、テンなどの観察をしていたときのこと。子供同士、見たことがある動物自慢が始まったのだが、それを聞いていた先生が「種類を見るだけなら動物園でも水族館でもできること。1つのものをじっくり観察することが大事なんだよ」とおっしゃった。本当にその通りなのだが、子供にとっては、生き物観察もポケモンGOポケモン捕獲(やったことがないくせによくわからないで言うのだが)とそう大差ないのかもなあ…と、静かにしていないと動物たちは来てくれないよ、という注意もすぐに忘れて、バタバタと動き回る子供たち(家の子供含む)を見ながら、ため息をつきたくなった。

先生はまた、動物の観察というのは友だちになるのといっしょで、顔を覚えて、家を覚えて、声を覚えてと、観察を続けてそういうことがわかるようになると、上手に見つけることができるのだとおっしゃっていた。

 

翻って、本号の『ゆかいな聞き耳ずきん』は、同種の生き物(クロツグミ)の中でも、さらにその個体識別についての奥深さを感じさせる、すごい本だ。

クロツグミのさえずりは、ウグイスの「ホーホケキョ」のようなわかりやすいものではないようで、大学で3年間、クロツグミの研究をしていた作者でさえ、クロツグミは無限にさえずりの種類をつくりだしていたように聞こえていたらしい。

大学卒業後、高校の教員をしていた作者は、ある時久しぶりにクロツグミの声を聞きたくなり、夜中に車を飛ばして箱根までやってくる。ツグミの仲間は夜明け前から鳴き始めるので、暗いうちに現場にいなければならないのだ。クロツグミの声に聞き惚れていた作者は、さえずりの中に同じフレーズが聞こえるのに気づく。そこで、

クロツグミのさえずりも無限ではないのかもしれない。1羽が何種類もの鳴き声をもっているけれど、そのくみあわせ方を変えて鳴いているだけなのでは?そのことがわかれば、「クロツグミはこう鳴く」と、いえるのではないか。

という仮説を立てることになる。そして、そのさえずりをテープに録音すると、鳴き方の決まりの謎を解くべく、研究を始めることになるのだ。当初は箱根に通っていたものの、鳴き方の決まりが徐々にわかってくるにつれ、今度は大学時代に観察していた金沢の森で確かめてみたくなる。それから週末に、金沢と東京を往復する生活が始まるのだが、

3年間ためた貯金も見る見る減っていきます。でも、少しももったいないとは思いませんでした。お金では買えないものが手にはいるかもしれないのです。

そして、ついには、教員をやめて観察に没頭するようになるのだ。

エゾクロテン』の作者もそうだったが、個体に名前をつけて観察していると、そしてとくに思い入れの強い個体がいると、いつか姿を消す日が来るとはわかっていても、やはりとても寂しく思うらしく、今号の作者も「私の人生まで変えた」個体が、翌春帰ってこなかったのにひどくがっかりしていた。どちらの号も、最後は何とも言えない寂寥感がただよっていて、ただ研究観察の話を面白く読むだけではなく、一編の物語を読み終わったような、感情をも動かされる話になっている。

メインの主人公が生き物であることは確かだが、隠れた主人公は作者の方かもしれない。好奇心のままに動く、謎解きに没頭する、その生き方に思いを致してしまうのは、私がすでに大人であるからなのだろう。