こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

201-300

こおり (たくさんのふしぎ傑作集)(第281号)

『ゆきがうまれる』に先駆けて書かれた、同じコンビによる「氷」の本。この号も雑誌と傑作集の表紙が異なっている。傑作集の方がインパクトはあるが、青系でシンプルにまとめられた雑誌の表紙の方が、私は好きだ。透かした氷の中に、秘かにペンギンらしきも…

ことば観察にゅうもん (たくさんのふしぎ傑作集)(第277号)

『みんなでつくる1本の辞書』で「ところが、この号だけ(だと思うが)は、48ページなのだ。」と書いたが、この『ことば観察にゅうもん』も同じく48ページ構成だ。ちなみに、この本でイラストを担当している祖父江慎氏は『もじのカタチ』という「たくさんの…

ニワシドリ あずまやを作るふしぎな鳥(第276号)

作者の鈴木まもる氏は、鳥の巣に特化した絵本を多く描いている。本号も、その鈴木氏の本領が発揮された、素晴らしい絵本だ。鳥そのものもさることながら、やはり圧巻は巣の絵の方だ。いや、ニワシドリのそれは巣ではない。あくまで「あずまや」であった。あ…

夜へ行こう(第278号)

夜が好きだ。就職して一人暮らしをしていた頃、夜を自由に使えるのがうれしくて、都会の夜を過ごすのがうれしくて、休みの前、あてもなく夜の街をうろついたことがある。都会とはいっても、そこは学生時代を過ごしたなじみの街で、実家暮らしの頃は決して見…

アリクイサスライアリ(第267号)

アリというのは本当に身近な虫だが、これほど"知らない"虫もない。私が知っていることと言えば、地面に巣を作ること、集団で生活していること、くらいだろうか。アリはハチと仲間というのも、そういえば同じような形態の集団生活をしているなーと、言われて…

シュヴァル 夢の宮殿をたてた郵便配達夫 (たくさんのふしぎ傑作集) (第215号)

子供に戦国時代ブームが来ていた頃、実物を真似して自分の考える布陣図を書き付けていたり、厚紙と棒で軍旗を作ったり、プラレールの橋脚を使って城郭っぽいものを建てたりと、戦国ごっこを繰り広げていたことがあった。 思い返せば自分の子供の頃も、理想の…

アジアの台所たんけん(第213号)

3ヶ月分のパンを、皆で一斉に手作りするトルコの村*1。食事の順番こそ男性優先だが、二人で協力して夕食作りをするスリランカの夫婦。親類や近所の女の子たちに囲まれて、料理を教えながらごはん作りをするインドのおばあちゃん。家族総出で市場に出す、ソ…

虹をみつけに(第248号)

これは「虹の科学」の本ではなく、いわば「虹の芸術」の本だ。 昔の西洋や中国などでも、虹は神話や伝説、絵画や彫刻の題材として取り上げられてきたが、なぜか日本では、虹の絵さえ、中世になるまでほとんど描かれなかったということなのだ。 確かに、西洋…

ぼくは少年鉄道員 (たくさんのふしぎ傑作集) (第242号)

この号は珍しく、雑誌と傑作集の表紙が異なっている(ほかには『みんなでつくる1本の辞書 』が異なっている)。雑誌の写真は、地味目の背景に正面からやってくる列車の色が映えて、かわいらしい感じが良く出ているが、傑作集の方は傑作集で、空の色と列車の…

変形菌な人びと(第219号)

変形菌とは、粘菌とも呼ばれ、動物的な性質と植物的な性質を併せ持つ、不思議な生物である。 学生時代、のちの夫と国立科学博物館に行ったとき、粘菌の企画展があって、シャーレに入った粘菌をもらえたので、二人でそれぞれ持って帰ったことがあった。しかし…

海べをはしる人車鉄道(第261号)

子供が鉄”道”を邁進していた頃、本号の作者、横溝英一氏の本には大変お世話になった。福音館から出ている本はすべて読んでいるし、小峰書店の本もほとんどを読んでやっている。横溝氏の描く絵の線や色づかいは、きちっとしていながらもどこか温かみがある感…

おかし (たくさんのふしぎ傑作集) (第300号)

300号という記念すべき号が、このテーマで、このお二人の手で作られたというのは、幸せなことだと思う。 内容としては、他の「ふしぎ」のように、未知の世界を知って感心するとか、驚かされるということはない。でもおばあちゃんちに来たような、ホッとする…

ぼくの影をさがして(第216号)

子供のころほどではないが、影というものの不思議さに、時々とらわれることがある。 影を使った美術作品を見ることがあるが、いつまで見ていても飽きない。子供も楽しんでいた動きのカガク展では、 クワクボリョウタの《ロスト #13》という作品に魅入られて…

かくれんぼ(第249号)

この本は、植田正治の写真に「かくれんぼ」をテーマにした文章を付けた、写真絵本である。『生きる』はできている詩に、絵を付けたものだったが、こちらは写真を元に、文章を書いたものだ。 詩を元に絵を描くというのは、案外難しい作業だと思う。詩からイメ…

土の色って、どんな色? (たくさんのふしぎ傑作集)(第252号)

この本の著者、栗田宏一氏の作品を、2回ほど見たことがある。 『土の色って、どんな色?』の著者の作品とは?と思われるかもしれないが、各地で採集した土を使ってこういう作品を作っているのだ。 最初に見たのは、東京都現代美術館を訪れた際、ついでに常…

どうして、お酒飲むの?(第204号)

ホントにどうして、でしょうねえ…おいしいから、かな? 私は一応酒飲みの端くれで、若いときはお酒の失敗も数多くあった。恥ずかしくて思い出したくもないことだ。晩ご飯の買い物をする時、その日飲みたいお酒に合うおかずをまず考えていたのだから、お察し…

カステラ、カステラ!(たくさんのふしぎ傑作集) (第251号)

子供のおやつの好みはよくわからない。瓦せんべい系は好きなのに、クッキーは食べなかったり。アイスクリームは食べるのに、生クリームのケーキは嫌いだったり。そして、ケーキは食べないくせに、カステラは大好きなのだ。 カステラといえば、長崎。長崎には…

コアジサシ ふるさとをなくした渡り鳥(第266号)

ふるさとをなくした渡り鳥、の”ふるさと”というのは、日本にある「営巣地」のことである。コアジサシは春、日本に渡ってきて繁殖期をむかえ、子育てをするからだ。 著者は野鳥調査をする中で、子育て中とおぼしきコアジサシたちが、不自然な方向に飛び去って…

ノースウッズの森で (たくさんのふしぎ傑作集) (第246号)

本書は、これまで紹介してきた、大竹英洋の”ノースウッズシリーズ”の最初の作品である。出版順はまずこの第246号、続いて『春をさがして カヌーの旅(第253号)』、『森のおく 湖のほとり ノースウッズを旅して(第330号)』、『カリブーの足音 ソリの旅(第…

ツバメ観察記 (たくさんのふしぎ傑作集)(第228号)

先日、前年度の学校のプリント類を整理していたら、夏休みの「おすすめの本を紹介する」宿題が出てきた。題材はこの『ツバメ観察記』。子供は文を作るのが苦にならないらしく、与えられた用紙以上に書いてくることが多い。1年生のとき、同じ「おすすめ本紹…

春をさがして カヌーの旅(第253号)

日本じゅうの4月1日(第37号)のエントリーで「4月1日に子供と家のまわりを観察してみる」と書いたが、この日は近隣の県に出ていたので、そこでの観察について「日本中の4月1日」風に記してみようと思う。出かけたのは千葉県にある「我孫子市鳥の博物館」…

屋上のとんがり帽子 (たくさんのふしぎ傑作集) (第210号)

屋上のとんがり帽子 (たくさんのふしぎ傑作集) 作者: 折原恵 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 2008/01/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 表紙写真を見て、この本はなにをテーマにした本だと思うだろうか? とんがり、という言葉…

和菓子のほん (たくさんのふしぎ傑作集) (第231号)

洋菓子好きの母親に似ず、子供の好みは和菓子の方にあるようだ。 バターをふんだんに使ったクッキーや、クリームたっぷりのケーキには見向きもせず、先日は、好きなものを選んできなさいと菓子売場に送り出した後、子供が持ってきたのは、かりんとうとかわら…

あみださま大修理(第263号)

私は長らく、仏像など寺社仏閣に関わるものを「美術品」としてしか見てこなかった。 それが変わったのは、子供が生まれてからだ。これまではおざなりに手を合わせ、頭を下げていたものが、真剣に礼拝するようになった。子供が大病や大怪我をすることなく、無…

消えたエゾシロチョウ(第264号)

エゾシロチョウは、日本では、北海道にのみに生息する蝶だ。札幌市のHPを見ると、なんと衛生害虫のひとつらしい。 蝶というと花の蜜を吸う成虫のイメージが強いが、チョウ目の幼虫は、たしかに「農作物を荒らす害虫」だ。中でも単独ではなく、集団で食害する…

野菜の花が咲いたよ(第220号)

今は亡き、子供の曾祖父母の家は専業農家だった。 たまに遊びに行くと、畑でとれた野菜をどっさり持たせてくれたものだった。米農家だったので、野菜はあくまで自家用に作ったもの。それでもさすがはプロ。商品としても通用するような立派なものだった。当然…

石の卵 (たくさんのふしぎ傑作集) (第298号)

以前、息子は「石に執着する子」ではないかというようなことを書いた。 家のベランダには海や川や公園や道ばたや校庭や…で拾ってきた石が転がっているし、机の上にもどっかから持ち帰った石ころが置かれ、引き出しの空き箱にも石。そして洗濯後、ズボンのポ…

コウテイペンギン撮影記(第201号)

私の夢の一つは「野生のペンギンを見ること」。 近年、動物園や水族館でのペンギンの展示はかなり進化していて、南極風の真っ白い風景に置かれるだけ、ということも少なくなってきた。 中でも長崎ペンギン水族館は、ふれあいペンギンビーチと称し、なんと自…

春の妖精たち―スプリング・エフェメラル (たくさんのふしぎ傑作集) (第241号)

週末、ときどき子供と行くイベントに、こういうものがある。 木を伐ったり、竹を伐ったり、草を伐ったり、とにかく楽しい。ノコギリを使って木を切り倒すとか、自分に、そして子供にできることとは思わなかった。指導してくれる地元のボランティア団体の方々…

小さな四角い海・谷津干潟(第254号)

これは子供が読み聞かせしてくれた。 学校では、音読の宿題が出るのだが、一定期間毎日毎日毎日毎日毎日同じ文を聞いていると、本当に飽き飽きしてくる。読んでいる子供の方もつまらなそうだ。初回〜5回目くらいまでは、何とか工夫して乗り切るのだが、それ…

火(第282号)

子供は水に執着する子、火に執着する子、石に執着する子と3種類に分かれる…なんて話を見たことがある。 私は間違いなく「火に執着する子」だった。小2の息子は火も好きで水も怖くはないが、たぶん「石に執着する子」。 親が留守の時、ちょっとした火遊びを…