読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

100まで生きる? (たくさんのふしぎ傑作集)(第44号)

理科 1-100

ここ数年、夫の祖父母が相次いで亡くなった。二人とも80代後半だったので、平均寿命を超えて長生きしたことになる。

夫のもう一方の祖母は90を過ぎてなお存命している。足腰こそ弱っているが、食欲旺盛で認知症とも無縁、施設でお世話になりつつも元気に暮らしている。

対して、私の祖父母は私が大学を卒業する前に、4人とも亡くなっている。

私が死というものを初めて実感したのは、その祖母の死だった。当時私は12才。

取り分けかわいがってもらっていた祖母だったので、本当に悲しくて葬式の間中泣いていた。その一方で祖母の冷えきって硬くなった身体に触れた時、これが遺体なんだ!私は初めて人間の遺体に触れている!と思った覚えがある。悲しみを感じる心の片隅には、初めて訪れる火葬場という場所、火葬という儀式に対する好奇心もあった。

 

夫の祖父母の葬儀には子供も参列し、その時義父は、棺の中の姿(つまりご遺体)を子供には見せない方がいいのではないかと言っていたのだが、何と言うかやはり…私の子供も「初めてのお葬式」に好奇心を隠せない様子だった。曾孫(私の子供)が生まれるのを楽しみにしていた、曾孫に会えたことをうれしそうに話していた、というエピソードを聞いて涙する私を尻目に、「初めての火葬/骨上げ」の様子を興味津々で見つめる息子。自身の死は、ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんが子供にくれた最後の、そして最大の贈り物なのかもしれない。

100まで生きる? (たくさんのふしぎ傑作集)

100まで生きる? (たくさんのふしぎ傑作集)