読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

アイヌネノアンアイヌ(たくさんのふしぎ傑作集) (第55号)

前回「大学生であるならば、”何のために勉強するの?”という問いかけをするはずがない」とは書いた。しかしながら彼自身、勉強していないわけではないし、本を読まないわけでもない彼の名誉のために投稿の全文を載せておく。

 

読書はしないといけないの?

 「大学生の読書時間『0分』が5割に」(2月24日朝刊)という記事に、懸念や疑問の声が上がっている。もちろん、読書をする理由として、教養をつけ、新しい価値観に触れるためというのはあり得るだろう。しかし、だからと言って本を読まないのは良くないと言えるのだろうか。

 私は、高校生の時まで読書は全くしなかった。それで特に困ったことはない。強いて言うなら文字を追うスピードが遅く、大学受験で苦労したぐらいだ。

 大学では教育学部ということもあり、教育や社会一般に関する書籍を幅広く読むようになった。だが、読書が生きる上での糧になると感じたことはない。

 役に立つかもしれないが、読まなくても生きていく上で問題はないのではないかというのが本音である。読書よりもアルバイトや大学の勉強の方が必要と感じられるのである。

 読書は楽器やスポーツと同じように趣味の範囲であり、読んでも読まなくても構わないのではないか。なぜ問題視されるのか。もし、読書をしなければいけない確固たる理由があるならば教えて頂きたい。

 

今の彼は、少なくとも勉強のための本を読んでいる。それ以外の本もおそらく読んでいるであろう。決して読書をしないわけではないのだ。大学の勉強の方が必要、と言うからには、学生の本分にしっかりと励んでいる?こともわかる。

では、彼の問題提起の真のところは何か?「生きていく上で問題はない」、「読書が生きる上での糧になると感じたことはない」というところがキーなのだと思う。

 

アイヌネノアンアイヌ』を書いた萱野茂の母は、アイヌネノアンアイヌ エネップナ(人間らしい人間、人らしい人になるんだよ)」とくりかえしくりかえし語っていたという。

アイヌは、文字をもたない人々だ。だから当然「読書」という文化はなかった。アイヌの人々にとって、読書が「生きていく上で問題」となることはなかっただろう。しかしながら「文学」は書き留められた言葉だけに存在するものではない。アイヌも”ユーカラ”や”ウエペケレ”といった口承文芸を持つ。それはアイヌの生活と密接に結びついたものだ。もしも、その文化のなかで生きていたアイヌに「ユーカラやウエペケレは”生きる上での糧になる”と感じますか」と尋ねたとしたら、おそらく多くの人が「エー(はい)」と答えたに違いない。それは生活の一部であり、なくてはならないものだと言うことだろう。

もちろん、今の日本で、読書は生活の一部であり、なくてはならないものだと感じる人は、そう多くはないかもしれない。それでも、大切な文化の一つだと思わない人は少ないのではないだろうか。生きる上での糧、とまではいかなくても、”人間らしい人間、人らしい人”になるための「必要なものの一つ」であることは確かだと思う。

いったん破壊されてしまったアイヌの文化は、今取り戻すための努力が続けられている。その文化を生きる人、楽しむ人、そして伝えていく人…人がいないとその文化は継承されていかないのだ。私は「読書の文化」も続いていって欲しいと思う。それには、私一人が読書を楽しみ、続けていくだけではダメなのだ。読書を楽しむ仲間がいて欲しい。その文化をつないでいく人が欲しい。だからこそ、私は自分の子どもに、そして学校の子どもたちに読み聞かせをするのだ。子どもたちが楽しんで聞いてくれるのを喜ぶのだ。決して教育のためではない。本を読む楽しみを受け継いでいって欲しいからだ。

 

件の彼の「読んでも読まなくても構わないのではないか」という考えは変わることはないのかもしれない。それでも、おそらく、彼は読書をきっぱり止めてしまうことはないと思う。「趣味の範囲」で続けていってくれるのではないだろうか。そう思いたい。本好きの一人として、心からそう願っている。