読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

屋上のとんがり帽子 (たくさんのふしぎ傑作集) (第210号)

社会 201-300
屋上のとんがり帽子 (たくさんのふしぎ傑作集)

屋上のとんがり帽子 (たくさんのふしぎ傑作集)

 

表紙写真を見て、この本はなにをテーマにした本だと思うだろうか?

とんがり、という言葉に引きずられて、教会の尖塔の方に注目したのではないだろうか?

 

実はこの本の主人公は、手前右にあるビルの、屋上にある「給水タンク」の方なのだ。面白いミスリードである。

しかもこの給水タンク、なんと木製なのだ!「ペンキもニスも塗らない、自然のままの、杉の白木」なのだそうだ。本書によると、これらの給水タンクがあるニューヨークは、夏冬の寒暖差がかなりあるため、熱を通しにくい木を使うと、夏には水を冷たいままに、冬には凍らせずに保ってくれるらしい。上がとんがり帽子、つまり円錐形の理由は雪を積もらせないためだということだ。

木製タンクは一基500万円くらいするということだが、手入れや修理をすれば40〜60年くらい保つという。初期費用は高いが、長持ちする分安上がり、しかも水が傷みにくくておいしいというメリットもあるらしい。

要するにこれは、でっかい木桶ということで、組立や設置は”プロ”のお仕事。本書には、職人さんたちの写真も載っており、

ポーランド人、プエルトリコ人、コロンビア人、アフリカ系アメリカ人など、人種も国籍もさまざまです。

という説明文が付けられている。

もともと給水タンクが作られ始めたのは、ニューヨークに増え続ける移民たちのためだった。せまい土地にどんどん入ってくる人々のために、高層ビルが建ちはじめ、その屋上に給水タンクが必要となったのだった。ここで紹介されているタンク会社の社長もまた、その移民たちの子孫なのだ。

この人の祖父だって、移民の一人だった。"Make America Great Again"と言うが、アメリカを偉大にしたのは、彼ら移民の力ではなかったのだろうか?