こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

エゾクロテンのすむ森で(第314号)

先日家族で、ここの自然観察イベントに参加した。

生物観察の先生、星座観察の先生、それぞれ机上の講義あり、解説つきの実地観察あり、で盛り沢山の内容だった。

昼間は付近の森をゆっくり散策しながらの自然観察。先生の他ボランティアの方々も付いているので、いろいろな話を聞くことができた。

夜間は星空観察と、夜行性の小動物の観察。音をたてると逃げてしまうので、屋内から窓越しの観察だ。灯りは淡いライトだけだがけっこうよく見える。

この日はまずハクビシンがやってきて、のんびり動き回りながらエサを食べる様子を見ることができた。ハクビシンが退場すると今度はテン。テンはハクビシンと違って、ちょこちょこ落ち着きなく走り回りながら、エサを探したり食べたりしている。先生によると、テンは夏毛への生え変わりの最中で、パンダのように見えるということだった。

そこへハクビシンが再登場。ハクビシンの方が強いらしく、テンは退散して行ってしまった。ハクビシンがいなくなると、ふたたびテンが複数でやってきた。今度はテンもすぐ逃げるのではなく、じりじり距離を取りながら、ハクビシンをのらりくらりやり過ごそうとする。そんなこんなの攻防戦を間近で見る子供たちは、大盛り上がり。自然相手のこと、うまい時間にうまい具合に出てきてくれるとは限らないのだが、ちょうどよく、動物たちの小ドラマを見ることができて、子供は満足そうだった。

その後も興奮してあまり眠れなかったのか、子供は朝まだきより起き出して、観察部屋に行くと言い出した(夜間も自由に観察できる)。頭も体も起ききっていない親たちを待ちきれないとばかりに、双眼鏡とカメラをぶら下げ、テンが跳ねるように飛び出していった。

 

観察したテンは、エゾクロテンとは種類が違うが、同属ではあるようだ。この号には美しい自然を背景にした、愛らしいエゾクロテンの写真がたくさん載っており、見るだけで顔がほころんでしまう。イベントでも、ふてぶてしい態度に見えるハクビシンは不人気で、彼らのせいでテンが行ってしまうと落胆の声が上がったものだ。

ここでは、”警戒心の強い小動物”と書かれているが、本号によるともともと好奇心が旺盛なようで、作者がねぐらに通い始めてからひと月もすると存在に慣れ始め、作者自らが付けた名前でテンたちに声をかけるようになると、反応し、顔を出すようにまでなるのだ。

エゾシロチョウの時と同じく、ここには、観察し続ける者だけが見ることができる「物語」がある。テレビで見られるようなドラマチックな映像はないけれども、辛抱強く彼らと関わり続ける作者の優しい目に、生き物たちの営みをしみじみと感じることができる。

月刊 たくさんのふしぎ 2011年 05月号 [雑誌]