読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

森のおく 湖のほとり ノースウッズを旅して(第330号)

その昔「ナショナル・ジオグラフィック」という雑誌を取っていたことがあって、その中でひときわ印象に残る記事があった。

北の森から 90日の撮影記録」という特集記事で、ジム・ブランデンバーという写真家が書いたものだった。

人里離れたミネソタ州の森の中。私はここで秋分から冬至にかけての90日間、1日に1回だけシャッターを切ることにした。困難に耐え、神経を集中させれば自然界を再び新鮮な目で観察できるようになると考えたからだ。

1日1枚。一枚一枚、まさに真剣勝負だ。デジタルカメラが普及し、撮り直しが気楽にできるようになった今、こういう試みがなされることがあるのだろうか?

雑誌に載った写真の中には、何てことはない風景と思われるものもあるのだが、なぜだかとても美しく感じられたのだった。

記事の片隅に、これらをまとめた写真集が出版されるとの注記を見て、絶対買おうと決心した。そして出版されると『Chased by the Light: A 90-Day Journey』を、紀伊國屋の洋書売場まで買い求めに行ったのだった。何度も引越して手放した本や置いてきた本は数多あれど、この写真集はいつも荷物に入れて持ってきている。

 

ノースウッズについてネットで調べていたときのこと、ナショジオのサイトで、この号の著者、大竹英洋の「ノースウッズの森へ」という連載を見つけたのだ。そこでジム・ブランデンバーグの名前を見た途端、なぜ私が「たくさんのふしぎ」のノースウッズのシリーズに魅かれて読み続けているのか、わかったのだった。ノースウッズとはつまり、ジムの”北の森”のことだった。ジム・ブランデンバーの写真に魅かれた私が、同じくジムの写真に魅かれてノースウッズを撮るようになった、大竹の本に魅かれるのは当然だったのだ。

 

この『森のおく 湖のほとり  ノースウッズを旅して』は、

ノーズウッズに行ったことのない人に、その魅力をどうしたら伝えられるのか。そんな思いから、この本を作りました。

と「作者のことば」で述べられているが、見開き1ページをいっぱいに使った写真の数々は、ノースウッズの自然の美しさを堪能することができ、まさにその魅力を伝えてくれる1冊となっている。

私がノースウッズに行くことは、おそらくないだろうと思う。それでも、著者の目を通したノースウッズの美しさを、これからも味わい続けるだろうと思っている。

Chased by the Light: A 90-Day Journey

Chased by the Light: A 90-Day Journey