読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

方言どこどこ?(第133号)

夫と二人暮らしだった頃、子供に勉強を教える仕事をしていたことがあった。

結婚した直後、夫に転勤の辞令が出て、私はそれまで勤めていた会社を辞め、生まれ育った関東地方から、まったく土地勘のない西日本方面へ引越すことになった。運転免許がなかったので、まず取得して、住んでいる町のいろいろを覚えて…ようやく落ち着いた頃、仕事を始めることにしたのだ。

この記事では「家を買ったから」というパターン(夫の会社の定番でもある)だったが、「結婚したから転勤」というパターンも存在する。もちろん独身でも転勤はあり、転勤先の地元女性と結婚するというパターンもある。さびしいから結婚したくなるらしい。ただ、生まれ育った土地を離れたくない(転勤族とは結婚したくない)という女性もいるので難しいところではある。

とある県職員の知人などは、基本、県内異動(離島なし)なのだが、お付き合いしている女性にプロポーズしたら、その県内の自分の市を離れたくないということで、振られてしまったことがあったらしい。もちろん、それは表向きのことで、他になにか理由があったのかもしれないが…。

夫の会社では、同業他社への転職を盾に、ガンとして地方転勤を拒んだという強者もいるので(彼自身は地方出身なのだが)、転勤を拒否できないわけではないらしい。もっとも彼も、地方が嫌なのであって、転勤自体を嫌がっていたわけではない。

家の夫は、地方勤務大歓迎、都市部で電車通勤とか真っ平ごめんというタイプなので、一応都市部に住む今の状況は不満であるらしい。そうはいっても、子供の学校のことを考えると、遠方への帯同をどうするか、これから悩む時期が来るのだろうと思う。ただ、夫の会社の業界的に、転勤は会社への忠誠心というより、”法令遵守”上の観点から致し方ないことかなとは思っている。

 

ずいぶん話が脱線してしまったが、子供に教える仕事、つまり家庭教師をしていたわけだが、派遣先のお家に初日から遅刻するわけにもいかないので、事前にどの辺に家があるのか調べて行くことになる。あまり地理感覚がないことに加え、まったく知らない土地なので、たどり着くのも苦労した。

表札でわかるだろうと行ってみたら、その辺全部同じ名字の家ばかりで驚いたり。教えた帰りはもう暗い時間なのだが、本当に真っ暗闇になっていてこれまた驚いたり。そして何より驚いたのが言葉の違いである。

定期テストの感想を見たら「英語がわや!」と書かれていて、”わや”って?とか。

「ここ、きちんと計算してね」と注意すれば、「せんないわー」とか。

私は子供に勉強を教えていたが、逆に子供には土地の言葉を教わっていたような気がする。子供と会話する中で、そこの”方言風”に話せるようになっていったが、”わや”とか”せんない”がにスッと自然に出るまでには至らなかった。

隣の県に引越したときも、同じ仕事を始めたのだが、今度は「せんない」が「たいぎい」に変わったのが面白かった。どこの子供にとっても、勉強は、せんないものだったり、たいぎいものだったりするのは変わらないのだろう。

 

そういえば、私の父も本来転勤がある職業のはずだったが…どうやって突っぱねてきたのだろうか?母が他の土地への移動に耐えられたとは思えないので、どうにか転勤をやり過ごしたのは、子供(私)のためにも正解だったのだと思うが。父は、忠誠心はともかく、愛社精神だけはあった人だった。