読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

うたがいのつかいみち (たくさんのふしぎ傑作集)(第104号)

この本の登場人物は二人。ゴフムさんとソルテスさんである。

ゴフムさんは、”うたがいの名人”だということで、みんながあたりまえだと思っていることを、うたがってみせると言う。そのうたがいを解いてみせた人にはお金を進呈し、答えに詰まった人からはお金を取るという、ふれこみだ。

大勢の人たちがゴフムさんに言い負かされ、お金をむしり取られた後、誰もやってこなくなったところで、ゴフムさんは子供たちにうたがうことを教え始める。

そこへ登場するのがソルテスさん。

「おまえさんは、子どもたちに『この世界は、ほんとは何もない、うその世界かもしれない』とか、『わたしは今ほんとに本を読んでいるんだろうか』なんて、うたがわせているそうじゃな」

と言い、続けて、

「おまえさんは、なかなかいいことを考えなさる。じゃが、そこでみんなをこまらせておわり、というのでは、うたがいのつかいみちを知らんとみえるな」

と言うのだ。

 

この世界があるとか、私がいるとか、どういうことなんだろう?時間だけはたっぷりあった子供のころ、通学途中などでえんえんと考え続けたことがある。ゴフムさんの問いは、子供のころの私の疑問と同じなのだ。

ゴフムさんはぶつけるうたがいを、ソルテスさんに次々論破されるのだが、実のところ私は、ゴフムさんの方に肩入れしたくなる。ゴフムさんはまた、

「自分が知らないことを知るためにうたがいなされ。ひとをこまらせてよろこんだり、いばったりしている自分を、これでいいのかって、うたがってみないとな」

ソルテスさんに嗜められるのだが、それでもやはり、ゴフムさんの仕様もない人間臭さが好きだ(キャラの好き嫌いの話ではないのだが)。

最後はやはり、

「うたがうということは、自分自身をぎんみすることで、ひとをこまらせてよろこぶためにすることではなかったんだなあ」

とゴフムさんは反省し、

「そうそう。それがわかっていれば、おまえさんのうたがい自体はとても大事なことだったのだから、わしの言ったことでおわりにしないで、もっともっと考えてよいことなんじゃ」

ソルテスさんに言われるのだが、「人を困らせてよろこぶ」とか「お金をむしり取る」という目的でなければ、すなわち目的が善であれば、ゴフムさんのうたがいのつかいみちは良かったのだろうか?子供たちにうたがうことを教えるという行為は良いことだったのだろうか?とふと考えてしまった。もしかしたら、ゴフムさんの投げかけたうたがいを、えんえんと考え始める子供もいるかもしれない。考えるのは良いことだという前提に立った話だが、下手の考え休むに似たりとも言うし、ただ考えればいいという話でもないのかな?とか…いろいろ考え始めると、じゃあ果たして今考えているこの問題は、うたがいのつかいみちとして正しいことなのだろうか?と…なんだか”下手の考え休むに似た”ことになってきた。私はソルテスさんにはなれない。

うたがいのつかいみち (たくさんのふしぎ傑作集)

うたがいのつかいみち (たくさんのふしぎ傑作集)