読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

生きる(第342号)

先日子供の授業参観があって、国語の時間は、谷川俊太郎の「どきん」という詩を、班で工夫して音読の方法を決め、それを練習して発表するというものだった。

それぞれの班の様子はさまざまで、役割をすぐ決めて練習に入るところもあれば、なかなか決まらず話し合いがずっと続くところもあり、話し合いどころか、個人がバラバラに見える動きをしているところもあったりで、見ていて興味深かった。

いざ発表という段になると、案外話し合いがずっと続いていたり、個人がバラバラな動きをしていた班の方が、面白い工夫をした発表になっていて、わからないものだなあと思った。

見ている親の気持ちとしては、ただ失敗せずにやり切って欲しいという凡庸なもので、ちょっと緊張気味の我が子の様子にドキドキすると共に、1年生の頃は緊張のきの字も知らなかったのになあと、年相応の成長を感じたりもして、少し感慨深かった。

 

今号の『生きる』も、谷川俊太郎の詩を元に作られた作品だ。

匿名という隠れ蓑を借りて正直に言うと、実はこの絵本が苦手だ。谷川俊太郎の詩はもちろんすばらしい、岡本よしろうの絵も嫌いではない。でもこの二つが合わさると何となく違う、という感じがぬぐえないのだ。苦手だ、という感想を持つのはもちろん個人の自由だと思うが、そんな自分の気持ちに居心地の悪さを感じてしまうことも確かで、皆が良いと言うものを、なぜ自分は良いと思えないのだろう、と思ってしまう。別にいいじゃんと開き直るのもありだと思うが、そうできないのはたぶん「たくさんのふしぎ」が好きだから、この本も好きでありたいという気持ちがあるからだろうと思う。

 

詩の中に、”それは ミニスカート”というフレーズがあるのだが、この詩が発表された当時、若い女性の写真といっしょに雑誌に載ったらしい(本号「作者のことば」より)。このミニスカートという言葉から私が連想するのは、若い女性の太ももで、それは生々しい性欲ともつながるものだ。生きる、というのは美しい面もあれば、どろどろしたあまり直視したくない面も持ち合わせている。私の中では、この詩は、決してこの「たくさんのふしぎ」の絵ではイメージされないものなのだ。

 

しかしながら、この絵本は、

東日本大震災直後の2011年に企画されました。これから息が詰まる毎日を過ごすことになるかもしれない読者の子どもたちに、長く寄り添うような一冊を「たくさんのふしぎ」で届けられないだろうか、と企画されたものでした。

という経緯で作られたものなので、もちろん、子供たちに届ける絵本としては優れているものだとは思う。

生きる (月刊 たくさんのふしぎ 2013年 09月号)

生きる (月刊 たくさんのふしぎ 2013年 09月号)