読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

カレーライスがやってきた (たくさんのふしぎ傑作集)(第45号)

初っ端から出てくるのが「カエルカレー」。買えるカレーではない。『西洋料理指南』という100年以上も前の本に出てくる、日本で最初のカレーのレシピらしい。

どこかのレストランか何かで再現してもらうのかと思いきや、

ぼくは、どんな味かわからないけれど、この本に書いてあるとおりにカレーライスをつくってみたいと思いました。

とか言い出して、食用ガエルを探し出してきた作者は、

さて、買ってきたこのカエルをつかって、吉田君と曽根原さん、それに吉田君のおかあさんにてつだってもらって、カレーをつくってみました。

なんと一般家庭?に協力してもらってカレーを作るのだ。写真を見ると、下ごしらえしたカエルをぶった切ってるのは吉田君、タイをさばいているのはお母さん、炒めたりするのは曽根原さんがやっていることがわかる。

出来上がって試食の段になると、カエルを食べるのは初めてということで、気持ち悪そうだったということだが、鶏のササミのような味がした、というのは私も食べたことがあるのでわかる。食べている写真の様子は、悪くはないかな?という表情だ。

その後、カレーはどこから来たのか?という話になり、

カレーのことをしらべるのには、インドに行くのが早道じゃないかな、と思いさっそくインドにでかけました。

と、話はいきなりインドに飛んでいく。

さっそくカレー粉探しをする作者だが、当然インドにはカレー粉というものは存在せず、各家庭ででスパイスをすりつぶし作っていることがわかる。

今でこそ、インド料理店が街中に増え、スーパーにならぶスパイスの種類も豊富になってきたが、この号が出た1988年当時、カルダモンやクミン、コリアンダーだのという言葉はなじみがなかったのではないだろうか?カエルカレーの再現も大変だったと思うが、この本でレシピが紹介されている「インド式チキンカレー」も、実際作るのには、なかなかハードルが高かったものと思われる。

 

一昨年子供と行った「夏休み2015宿題・自由研究大作戦」というイベントで、エスビー食品が出展していたので、”スパイス&ハーブでオリジナルカレー粉を作ろう”というコーナーに参加してみた。現場では、ただスパイスをレシピ通りに混ぜるだけなのだが、家に帰って、この調合したスパイスで一緒にカレーを作ったら、かなりおいしかった。買い物リストを作らせて、実際スーパーで買い物をさせ、材料の下ごしらえをしたり、切ったり、炒めたりと、時間がたっぷりある時でないとできないことをして、子供も楽しそうだった。今年の夏休み、また一緒に作ってみよう。