こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

虫こぶはひみつのかくれが? (たくさんのふしぎ傑作集)(第86号)

虫こぶとは、その名の通り昆虫の寄生によって、植物の組織がこぶ状に変化したものである。昆虫以外にもダニや菌類によって作られるものもあるらしい。

本書はその虫こぶの中でも、作者の研究対象であるシロダマタマバエの虫こぶについて、1989〜1990年にかけて行われた調査を中心に書かれたものだ。

虫こぶは一見安全で住み心地が良さそうに思えるが、本当に良いことずくめなのか?もしそうなら虫こぶで生活する昆虫が増え、そこらじゅう虫こぶだらけになるはずでは?という疑問から始まる。

調査地は、家の近所の林にあるシロダモの木52本。その中で35本を調査対象の木に定め、残りの17本は採集用の木として、虫こぶの中の幼虫の様子などを調べるために使う。

1989年4月の最初の調査では、虫こぶが見つかった木は14本、虫こぶができた葉は2850枚中349枚。「2850枚の新葉をぜんぶ調べて、虫こぶの数を数えた。合計2792個。1齢幼虫が2792匹いるのだ!」とさらっと数字が書かれているが、葉っぱを数えるのも、虫こぶの数を数えるのも、さぞや大変な作業だったことだろう。

5月の調査ではまず、シロダマタマバエの大敵である、ヒメリンゴカミキリが登場する。シロダモの若い枝に産みつけられて孵ったヒメリンゴカミキリの幼虫は、枝から葉っぱの方へ食い進んでゆくために、枝が折れて葉が枯れる。枯れた葉の虫こぶは維持できないのでタマバエ幼虫も一緒に死んでしまうことになる。ここで、2792個の虫こぶのうち、1093個が枯れ、残りは1699個ということになる。

その後も何らかの原因で幼虫が死んで、虫こぶが生長しなくなったり、台風で虫こぶつきの葉っぱが落ちてしまったりと、9月の調査では473個まで減ってしまう。シロダマタマバエコマユバチが寄生する虫こぶを探しにきていたり、コガネコバチに寄生されているのが発見されたりと、寄生バチに襲われている様子も見られている。

結局その冬越しした虫こぶ473個について、翌年5月に調べてみると、タマバエは79匹、コマユバチ245匹、コガネコバチ124匹が羽化しており、なんと4分の3もの数が寄生されていたことがわかるのだ。

「シロダマタマバエの死んだ数と生きのこった数」を時間の推移とともに棒グラフで表したものが載っているが、これを見ると、調査を始めたときの虫こぶの数に対し、成虫になり子孫を残すという「寿命をまっとうした成虫」はその中のわずか0.9%。自然に暮らす生き物が「大人になる」というのが、いかに大変なことなのかがよくわかる。もっとも人間は、別の意味で「大人になる」のが大変な生き物ではあるが…。

虫こぶはひみつのかくれが? (たくさんのふしぎ傑作集)

虫こぶはひみつのかくれが? (たくさんのふしぎ傑作集)