こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

アマガエルとくらす (たくさんのふしぎ傑作集)(第168号)

この本は、となり町の子供遊び場に出かけた時、そこの絵本コーナーに置いてあったものだ。暑さの残る秋の日、鉄道高架下の遊び場は、陽射しがさえぎられ、風がほどよく吹き抜けてとても気持ちがよかった。近隣の公園でもいつだったか、絵本を展示していて自由に読めるというイベントがあったが、過ごしやすい日に自然の中で本を読むというのは思った以上に楽しいものだ。

カエルにそれほど興味がないので、ここで出会わなかったらおそらく、本号を手に取ることはなかったかもしれない。上記の公園イベントでもそうだったが、人が作る絵本コーナーというのは、自分では選ばないような思わぬ本との出会いがある。 Amazonのおすすめ商品を芋づる式にクリックしていくのも悪くはないが、しょせん私の好みを解析した上でのおすすめである。興味をもつのは当たり前で、それほどの意外性はない。しかし、人のおすすめというのは、そのテイストが好きか嫌いかは別として、自分とは違う「文化」を見せてくれるものなのだ。Amazonはすすめてこない、そしてリアル書店でも手に取らない、そんな本を読んでみようかなと思わせるのが「人のおすすめ」である。ましてやそれが、外の自然の中に置かれているとなれば、気持ちのハードルはグッと下がる。

 

本書は、ある日たまたま洗面所の流しにやってきて、なぜか住み着いてしまったアマガエルを世話し始めるところからはじまり、何匹か世代交代するものの、14年もの間アマガエルと暮らし続けた日々を記したものである。最初のとっかかりは作者であるが、子供やお父さん(作者の夫)も関わるようになり、家族みんなでカエルをかわいがる様子が垣間見えるのが微笑ましい。

普通、カエルが家に入ってくれば、外に追い出すのがセオリーだと思うのだが、この人もムクドリのお母さんと一緒で、「やっぱり家におこう」とかいって、カエルと暮らし始めてしまうところが面白い。何かもう、たくさんのふしぎを読んでいると、「普通」というのがどういうものなのかよくわからなくなってくることがある。

「5月のさわやかな風を入れようとあけておいた、洗面所の小窓から入り込んだ」ということなので、自然と近い暮らしをしていれば、外の生き物に対する「気持ちの障壁」もほとんどなくなるのかもしれない。…と思ってみたが、実のところ、作者はこう告白しているのだった。

 やがて夏も過ぎ、またカエルはいなくなってしまいました。わたしは、洗面所がすっかりさびしくなってしまったように感じました。わたしは家にいて、お父さんと息子の帰りをまつ毎日をおくっていました。まだあまり、ご近所に知り合いもなく、訪ねてくれる人も少ない、そんなくらしをしていたのです。

さびしさからカエルと友だちになったのだろう、と書いてしまうと何だか違うような感じもするが、カエルが、知り合いもいない土地での新しい生活の、大きななぐさめになったであろうことは想像できる。

わが家のメダカたちにもこれくらい情をかけてやりたいものだが、カエルのように「わたしのひざにとびついて」くるような、情が通じたと思われるふれあいは、メダカとではむずかしい。ほどほどの距離感でこれからも付き合うことになるのだろう。

アマガエルとくらす (たくさんのふしぎ傑作集)

アマガエルとくらす (たくさんのふしぎ傑作集)