こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

夢ってなんだろう (たくさんのふしぎ傑作集) (第11号)

本書の最後のページには「おかあさんへのお願い」と題し、次のような文章が載せられている。 

 子どもたちが見る夢を大切にしてください。たのしい夢にしても、こわい夢にしても、その中で子どもたちはいっしょうけんめいに生きたのですから。

 それから、朝起こすときも上手に起こしてください。パッとやってきて、いきなり大声をあげたりするのは、へたな起こしかたです。

 ねむりは、深く、浅く、また深く、というように波をうっているのですから、どういう波の時に起こされたかで、めざめかたも違ってきます。目はあけられてもからだはぐったりしていることもあれば、からだは動かせてもまだ夢を見ているような感じでパッチリ目があかないこともあります。だから、むりにいっぺんで起こそうとせず、少し早めの時刻から、何回かに分けて声をかけるようにしてください。気持ちよく目がさませたら、その1日はその子にとって、とてもいい1日になるはずです。

とはいえ、なかなか起きてこない子供を持つ親にしてみたら、そんな悠長なことしてられっか!という思いを持つだろうことは容易に想像できる。ちょうど、今朝の朝日新聞の生活面の読者投稿に、母親と中1息子との起床バトルの話が載っていたが、起こさなくていいじゃん、放っときゃいいじゃん、と思ってしまったのは、幸い家の子はすこぶる寝覚めがよい性質だからだろう。

寝起きが良いとはいえない私とは対照的に、生まれてこのかた、息子に起こされることはあっても、起こしたことは無い。しかしこれは今のうちのつかの間のことで、眠気が強くなる思春期に入れば、投稿と同じようなバトルが起こるのかもしれない。朝の起床のことだけでなく、更年期vs思春期のホルモン戦争の種など、どこにでも転がっているわけで、今から考えても仕方がないことだが、なかなかしんどいのだろうなとは思う。

子供はときどき、寝覚めに見た夢のことを話してくれるが、幼い時は単純に楽しい夢(プラレールをたくさん買ってもらったとか)が多かったのに、今や私に怒られる夢とか見るようで、「その中でいっしょうけんめいに生きた」のだとしても、そんな夢はあまり見て欲しくないなあと思うのが親心だ。じゃあ「昼間の世界」でも、優しくしてやればいいじゃないかと思われるだろうが、本当にその通りで「お母さん笑って、お母さん大好き」とか言われると、私はどんな鬼のような顔をしていたのだろうと切ない気持ちになることがある。もちろん、どうしたって叱らなければならない場面はあるし、笑って、とか大好き、とか言い出すのは、親の怒りを和らげるための幼い戦略だとしても、子供は親の笑顔を見たいのだということは痛いほどよくわかる。鏡に映る自分の顔の、眉間に刻まれつつある皺を見ながら、眉間ではなく口元に笑い皺を作りたいものだなとため息をつきたくなった。子供が本格的に思春期に入れば、お母さん笑って、大好きなんて言葉はめったに聞けなくなるのだろうから。

夢ってなんだろう (たくさんのふしぎ傑作集)

夢ってなんだろう (たくさんのふしぎ傑作集)