こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

河童よ、出てこい (たくさんのふしぎ傑作集) (第87号)

カッパといえば思い出すのが、西炯子の『Stayネクスト夏休みカッパと』。幼なじみ3人(男2・女1)が、カッパ探しに遠野まで出かける…という話だが、3人が住む、作品の舞台はおそらく作者の故郷である鹿児島県。けっこう遠いよなーと、かつて東京から自分が旅した時さえ思ったので、鹿児島から岩手など、架空の話とはいえ大変な旅路である。STAYシリーズはどの話も好きで、コミック全巻持っていたが、転勤で鹿児島を出る時に地元の図書館に寄贈してしまった。蔵書検索システムで検索してみたら、貸出中になっていたので、今も置いてくれていて誰かに読まれているんだなーとちょっとうれしくなった。

河童で調べてみるとそういえば、子供がかつてEテレゴールデンタイムに見ていた「はなかっぱ」もカッパだし、古くは黄桜の宣伝、ちょっと古めで山瀬まみのキンチョウリキッドのCMなど、日本人に愛されてきた妖怪だということがわかる。ウィキペディアには「天狗と並んで日本の妖怪の中で最も有名なものの一つとされる」との記述があるが、鬼や天狗と異なるのは、童という漢字が入っていることからもわかるように、怖がられる存在というより、いたずら好きの子供のような、愛嬌のあるキャラクターとして描かれてきたということだ。本書では"トリックスター"という言葉が使われているが、言い得て妙だと思う。

この本には、大人も面白く読めるような、河童についての話がいくつも紹介されているが、お話もさることながら、絵がまた素晴らしい。梶山俊夫氏は『鬼が出た』でも挿絵を描いているが、どの絵も味があり、これ以上の河童の絵があろうかと思われるくらいの出来映えだ。梶山氏は民話の絵本を多く手がけているが、抽象画家から出発したとは思えないほど、お話の雰囲気を優れて表現している。このインタビューの最後には、

そうして自由な運動体となって、遠い時を超えて、人と天地と対感しあっていきたいなあ…と思います。

とあるが、こういう言葉を発することができるからこそ、素晴らしい河童を描けるのだろう。

河童よ、出てこい (たくさんのふしぎ傑作集)

河童よ、出てこい (たくさんのふしぎ傑作集)