こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

音楽だいすき (たくさんのふしぎ傑作集) (第27号)

“音楽をすきになった日"と題された「作者のことば」で、翠川敬基氏はこんなことを言っている。

 今のぼくの仕事は、音楽を演奏することです。もちろん音楽は大好きです。でもぼくが君たちの年齢のころは、あまり音楽が好きではありませんでした。

小学生の頃、チェロを習い始めたばかりの翠川氏は、単調な音階の練習に嫌気がさし、すっかり音楽がいやになってしまったらしい。

私も小学生の頃、ピアノを習っていたことがあるが、当時としては珍しく、バイエル *1ではなくメトードローズを、ハノン *2ではなくピアノのテクニックを使う先生に習っていたにもかかわらず、やはり指練習のための『ピアノのテクニック』はあまり好きになれなかった。思春期に入ってあがり性が悪化した私には、発表会も恐怖でしかなく、そこで大失敗をした後、なし崩し的にピアノを止めることになってしまった。ちなみにその発表会で弾いた曲は『海の日記帳』の中の2曲。今でこそ、ああ素敵な曲だなあと思うが、子供のころはその良さがまったくわからず、メロディの"波"に乗れずつっかえてばかりの練習に苦痛さえ感じていた。考えてみれば、当時泳げない、水が怖い私に「海」はほど遠い所にあり、海の風景など表現するどころの話ではなかった。音符の連なりをただ弾きうつしてみたところで「音楽」になるわけがないのだ。

音楽がいやになっていた翠川氏のこころを開かせたのは、ある日ラジオから流れてきた、ラヴェルの『ダフニスとクロエ』。彼はその時覚えた感動を、こんなふうに表現している。

それはすばらしい曲でした。鳥やけものがまだ寝静まっているあけがた、東の空がホンノリと赤くそまります。日の出の時がきたのです。鳥たちは目覚め、太陽に向かってチッチッと鳴きます。やがて山の端から太陽が顔を出し、あたりいちめんが黄金色に輝き始めました。

『ダフニスとクロエ』を聴いて、ぼくはそんな情景が目にうかんできたのです。その時初めて、音楽ってすてきだなあっと思ったのです。

ある日ある時、聞こうとも思わないで聞こえてきた曲に胸を打たれるというのは、本当に幸せなひと時だ。音、だったものが自分の中で「音楽」に変わる一瞬は、いつ何どき訪れるわからないからだ。

 

本書の狂言回しとも言える役柄には、”サティおじさん”という人物が登場して、主人公の"ようくん(翠川氏の子供の名前)"に、音楽の要素や楽器について、いろいろお話をする設定で書かれているが、サティとはすなわちエリック・サティのことだろう。ウィキペディアに「生涯サティへの敬意について公言し続けてきたラヴェル」という記述があるサティを、語り手にすえることは、従来の西洋音楽の伝統を打ち壊し、新しい音楽を作り出したという彼の、面目躍如というところだろう。

しかしながら、最後に書かれている「植物に音楽を聞かせると、速く成長したり、より大きな実をつけたりするのだそうです」というのは、なかなか判断が難しいところである。まあ、この号の発行当時は、そんなことも言われてるよ、くらいのことであったのだろうが…。ふしぎですね、と締められているが、果たしてこれは「たくさんのふしぎ」の"ふしぎ"に入れていいものなのか?この部分は、本書の価値を傷つけるものではないが、読む子供には注釈が必要なところかもしれない。

音楽だいすき (たくさんのふしぎ傑作集)

音楽だいすき (たくさんのふしぎ傑作集)