こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

セミのおきみやげ (たくさんのふしぎ傑作集) (第29号)

バッタのオリンピック』と同著者による本。バッタの時と同じく、セミの種類から分布場所、身体の図解や「絵とき検索」による同定の仕方まで、ていねいに詳しく描かれている。本書のメインはセミの"おきみやげ"=ぬけがらであるので、ぬけがらの図解やぬけがらの方の「絵とき検索」まであって、かなり充実した内容になっている。

古めの本だけに、現在は違う知見があったり、分類が違う可能性もあると思うが「絵とき検索」というのは、子供にも、そして昆虫にくわしくない私のような大人にも、きわめてわかりやすい。今の時期、地上に現れ出したその辺のセミをつかまえてきて、同定してみたくなる。

本書の初っ端に出てくるのは、クマゼミクマゼミと言えば「昆虫すごいぜ!」で、カマキリ先生が愛にあふれるメッセージを寄せていたのが印象的だった。クマゼミはカマキリ先生も言われているが「西日本ではごくふつうですが、関東地方になると、すんでいる場所が限られてきます。」というセミだ。本書の最後には、

関東地方やその東でクマゼミのぬけがらを見つけた人は、ぜひ教えてほしい。クマゼミが東へすみかをひろげているようなのだ。どこまで行っているのかな?

との記述があるので、本号の発行当時からクマゼミの分布が少しずつ東へ広がっていっていることがわかる。

以前読んだ『都会にすみついたセミたち』によると、福岡の天神ではクマゼミが多く見られるが、これは宮崎の山から買った街路樹経由で運ばれたのだろうということだ。クマゼミは切り開かれて明るく、地面が乾燥した場所を好むので、都市部は住みやすい環境であるらしい。おまけに都市部の地面はアスファルトでかためられているので、幼虫の天敵であるモグラが少ないということも、好条件のようだ。クマゼミの"東上"は、温暖化だけでなく、都会にうまく適応できる性質ということもあいまって、今後ますます進んでいくのかもしれない。

 

冒頭で同著者とは書いたが、『バッタのオリンピック』にあった日浦勇氏の名前は、本書にはない。「作者のことば」では、日浦氏についてこう書かれている。

今は亡き日浦勇さんは、大阪にある高槻公害問題研究会の自然観察会で、セミのぬけがらを使ってセミについて調査することを思いつきました。ぬけがらなら、だれにでもかんたんにとれるし、いくらとっても自然をそこなうことがない、そしていろいろなことを語ってくれるからです。

この本には、セミのぬけがらに託す日浦さんや私の、そして研究会の人たちの思いがこめられています。

セミのおきみやげ (たくさんのふしぎ傑作集)

セミのおきみやげ (たくさんのふしぎ傑作集)

都会にすみついたセミたち (虫から環境を考える)

都会にすみついたセミたち (虫から環境を考える)