こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ニレの中をはじめて旅した水の話 (たくさんのふしぎ傑作集) (第98号)

本書の英題は、"The Water Tells his First Trip into the Elm Tree"ということで、主人公の「水」がニレの木の中を旅するという態で作られたお話だ。水を擬人化した物語でつくられた科学絵本といえば、名作『しずくのぼうけん』 が真っ先に思い浮かぶ。中学年の読み聞かせによく使っているが、独特のリズム感が読んでいて気持ちよい反面、手書き風のフォントが読み取りづらくて練習を要する、読み手泣かせの絵本だ。

『ニレの中をはじめて旅した水の話』、そして『しずくのぼうけん』もそうだと思うが、読者に水に関する科学的知識があるのとないのとでは、物語の見え方がまるで違う。毛細管現象の様子かなとか、水の凝集力のことを描いているなとか、これは蒸散のことだなと、いちいち理科用語が思い浮かんでしまうのは、私が知識を少しばかり頭に入れている大人だからだろう。

しかしながら、本書の真骨頂は、科学的知識に裏付けされたお話である以上に、文学的な側面をも併せもつところにある。蒸散だの毛細管現象だのを知らなくても、一つの冒険物語として楽しく読むことができるのだ。その上、トメク・ボガツキの手による幻想的な絵が物語に素晴らしくマッチしていて、自分も一緒にニレの木の中を旅している気分になれる。物語の文章自体もさることながら、表紙のタイトル文字の配置から裏表紙の絵まで、すみずみまで気を配って創られている、本当に素敵な絵本だと思う。

ニレの中をはじめて旅した水の話 (たくさんのふしぎ傑作集)

ニレの中をはじめて旅した水の話 (たくさんのふしぎ傑作集)