こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

絵くんとことばくん (たくさんのふしぎ傑作集)(第181号)

本書の内容は次のように始まる。

ぼくはもう4年生なのにおこづかいが500円だ。

「これは少ない!」とぼくは思う。

で、お母さんに「1000円にして!」といいたいのだが、

口ではとてもかなかわないから、

ポスターをつくって、それをキッチンにはって、

それでお母さんにうったえようと思う。

さて、我が家の息子のお小遣いはというと、今のところは、ひと月に学年×100円ということで合意を得ているので、現在は月に300円をもらっていることになる。このまま行くと、4年生になれば月400円ということになるのだが…。

子供のお金の使い方を見ていると、とても面白い。ちまちま貯めこんで、あれ買うんだーと言っていたかと思うと、"あれ"を買うことはあきらめて、目の前の欲しい物につぎ込んでみたり。秋頃になると、近所に果物の露店が出るのだが、何とも魅力的に見えるらしく、月の小遣いだけでは買えない品物に、足りない分を出してくれと私に交渉してみたり。ここふた月ほどは、ファミリーマートのフラッペにハマっていて、小遣いを渡されるや否や、すぐさま買いに走ってほとんどを使い果たすという豪快な使い方をしている(だって数量限定なんだよー今買わないと、ということらしい)。

一応小遣い帳を付けさせている…といっても、書いているのはもらった日と金額だけ。これは後で今月あげたあげてないで揉めないためである。きっちりさせた方がいいのだろうなーと思いつつも、私自身が家計簿など付けていないのだから、子供に言えるはずもない。使い方についても、極力口を出すことはしないようにしている。私だってこれまで無駄遣いと思えるような使い道もあったし、小さな失敗も数多くしてきた。買いに走りたいくらい欲しい物がある、というのは健康的なことではないか。健全な物欲は生きる上での原動力でもある。

 

冒頭で書いたように、本書の主人公、優太は小遣いアップのためのポスター作りを始めるわけだが、彼の頭の中では〈ことば〉と〈絵〉が掛け合いをして、いろいろな案を出してゆく。考え過ぎて方向性を見失っているかに見える様子は、CMや広告作りの現場を見るようで面白い。しかし、どれもいまいちリアルさに欠ける、何となく説得力がないように感じられるのは、抽象的すぎるからかもしれない。

いきなり子供に「小遣いを1000円に上げてくれ」と倍増要求をされたら、親としては必ず理由を聞くはずだからである。友だちとの付き合いが増えてどーのとか、直球でこれが欲しいからとか言われれば、倍増は難しいにしても、いくらかアップして様子を見るとか、足りない分は家の手伝いをして稼いでもらうとか、話し合いをして妥協点を見つけていくと思うからだ。

優太が作るポスター案の数々には、リアルなことは何も描かれていない。底辺に流れるのは「自分に投資をしてくれ」ということだけだ。投資というからには回収できるんだろうなあ?と思ってしまうのは人情で、本書でも、

「だってさ、おこづかいが二倍にふえれば、

 そのぶん、やれることがふえるじゃないか。

 いまより、もっとひろい世界を見ることができるかもしれない。

 それだけ、ぼくが大きくなってかえってくることになるんじゃないかなあ」

 

「なるほど、銀行でお金なんかふやすより、こっちのほうが

 ずっとトクだよって、お母さんにわからせればいいんだ」

という掛け合いが出てくるが、んじゃその「やれること」、「ひろい世界」を具体的に説明せよ、という話になるのは火を見るよりも明らかだ。

しかし、小遣いを上げて欲しいというだけのために、子供が一生懸命ポスターを作ったのだとしたら、親としてはそれだけで、少しはアップしてあげようと思うかもしれない。説得力という点や出来不出来はともかく、小遣いアップのポスターを作るというその発想に投資をしてみようと考えるかもしれない。ポスターというのはあくまで親子の話し合いのきっかけであり、優太もその後、ポスターを元に、自分の口から出る〈ことば〉を使って、お母さんを説得にかかるのだろうから。

 

『絵くんとことばくん』、果たしてどういう英題になっているのかな?と思って、奥付を見てみたら、"WORDY and IMAGER"となっていた。面白い表現だ。

絵くんとことばくん (たくさんのふしぎ傑作集)

絵くんとことばくん (たくさんのふしぎ傑作集)