こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

カメラをつくる(第22号)

先日、子供が「ピンホール写真体験教室」に参加してきた。

ピンホールカメラ自体はキットを使って作るものだが、作製したカメラを使って印画紙に撮影し、暗室で現像ネガ作りやプリント作りをする、本格的な写真体験だ。日本写真協会の先生方が、子供たち一人一人に作り方を指導してくださり、露光時間も撮りたい所によって細かく教えてくれたりと、至れり尽くせりのイベントだった。薬品を使った現像やプリントこそ、先生方がやってくださるが、目の前で撮影したものが浮かび上がる様子に、子供たちから歓声やどよめきが上がって、デジタルカメラ全盛の今、なかなかできない体験だなーとありがたく思った。

それに合わせて、この『カメラをつくる』を借りてきたのだが、ここに載っているピンホールカメラの作り方は、本格的もいいところで、バルサ材を使ってボディを作り、フィルムの巻き取りノブや、シャッター、ファインダーまで自作して付けられたもので、とても小学生だけで作れる代物ではない。だいたい110フィルムとか今売っているのかな?と思ったら、Amazonでちゃんと扱ってるから驚きである。なので、現在でも作製可能な工作ではあるのだが、自分の手先のことを考えると作製不可能という答えしか出ないのが残念である。

それでも、カメラの仕組みや、露光時間のことなど、写真教室で教わったことも書かれていて、良い復習になったのでは…と思うのは、親の方だけで、子供の興味は動くものもきちんと撮れる(ピンホールカメラの露光時間は分単位なので、静物しか撮れない)既製品のカメラを使って、興味があるもの(鳥)を撮る方にあるのは、仕方のないことだろう。

そうはいっても、持ち帰ったピンホールカメラで、家でもやりたい!という子供たち(我が子含め)の声がちらほら聞かれたが、まずもって印画紙やら現像の薬品やら準備するのが大変というのもさることながら、家で暗室を作るというのがなかなか難しいことである。自分の高校時代などは、学校に暗室があったものだが、卒業後すでに建替え済みの校舎に、今も暗室は設けられているのだろうか?自分は生物部だったが、理科室の隣が暗室だったので、写真部とよくつるんでたなーと大昔の記憶をちょっとだけ懐かしく思い出した。

 

「ふしぎ新聞」には、写真を送ってね!と題し、 

 冬休みを利用して、カメラの工作に挑戦してみよう。ちょっとめんどうだけど、きみなら、きっとつくれるよ。できあがったら、いろいろうつして、これと思う写真を送ってね!

 さあ、どんな写真がうつっているかな?

とのリクエストが書かれているが、実際に作って写して送った子供たちもいるに違いない。何号か後の「ふしぎ新聞」を調べて探してみたい。