こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

鳥の目から見たら(第39号)

子供は今、コンパスを使った作図を勉強しているが、生来の不器用さを発揮して、先生に「急がなくてもいいので、もう少していねいに線を引きましょう」と言われている。それでも初めて使うコンパスがとても楽しいようで、とくに垂線を引くのが好きらしい。

それにしても、なぜこんなに線が曲がっているのだろう?定規を使って引いているはずなのに…と思い、子供の作図の様子を見ていたら、そもそも定規の使い方がなっていないのであった。

「定規で線を引く」というのは、自然に上手にできるものだと思い込んでいたが、ものの本によると、実は「二つの動作に神経を集中させなければならない難しいスキル」らしい。つまずくポイントとして「定規をしっかり押さえられない」、「引いた線がゆがんでいても気づかない」、「ていねいに線を引こうという意識が低い」というものが挙げられているが、家の子供はそのどれもが当てはまる。これでは、上手に線を引けるわけがない…。

本書と定規の話に何の関係が?と思われることだろうが、『鳥の目から見たら』というのは、もちろん鳥瞰図のことで、ただ鳥瞰図を紹介するだけではなく、描き方を解説した本なのだ。上手に鳥瞰図を作るためには、定規もコンパスも上手に使えないと描けないわけで、子供はタイトルの「鳥」に引かれてページを開いてみたものの、さらっと流し読みしただけで本を閉じてしまった。

学校時代は図形の問題に手こずっていた私も、なかなかやってみようという気になれなかったが、とりあえず手を動かしてみようと思い、本を見ながら単純な直方体の鳥瞰図にチャレンジしてみた。「問題を解く」というプレッシャーのない作業は案外面白く、けっこう熱中してしまった。久々に三角定規を使って、平行線や垂直線を引いたりしたが、本書でも書かれているとおり「ちょっとは練習しないと、線をひくときに三角定規がうごいてしまって、しっぱいしやすい」のであった。定規をしっかり押さえるというのは意外に難しいものだな、と子供の気持ちが少しだけわかった。

単純な直方体だけでなく、三面図(上面図、正面図、側面図)を使って作図するやり方も紹介されていたが、あまりに多くの細かい作業が必要で、こちらはちょっと手が出なかった。

付録には「アリの目から見た図のかき方」も載っていて、

この図をじっさいにかくのは、とてもたいへんだ。どうしてもかいてみたいというひとは、おとうさんやおかあさんにききながらやってみてください。

と書かれているのだが、鳥瞰図だけでいっぱいいっぱいの"おかあさん"はちょっとご遠慮申し上げたい。

f:id:Buchicat:20170905095058j:plain

↑ 苦労して作図した鳥瞰図