こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ドイツの黒い森(第153号)

昨日のエントリーでいただいたコメントの、返信で書いたことについて補足すると、「マイナスの面も含めた身近にある自然の姿」というのは、自然自体のマイナス面というより、人間活動の影響で生じたマイナス面、とするべきだったと思い直した。もっと言えば、川の鮎が不味いというのも私の勝手な感想であり、鮎はただ、生活している環境の中で自分の生を生きているだけだ。私だって、家の近くの川の鮎を食べなくても生きていけるのだ。私が食べているのは、家から遠く離れたところで、電気を消費しながら養殖され、排ガスをまき散らしながらトラックで運ばれてきた、おいしい鮎である。かつて、自然のご機嫌をうかがいながら生活するしかなかった人間は、活動そのものも自然と密接に関わって工夫するしかなかった。川を汚せば、直ちに自分たちの暮らしにはね返ってくるのだ。夏の旅行では、郡上八幡にも訪れたが、水舟という利水方法が今でも利用されていて、上下水道がなかった時代、そこをきちんと管理することは、生活に欠かせないことだったであろうことが想像できた。家の近くの川は、高度成長期、生活排水などで著しく汚染が進み、一時は「死の川」とまで呼ばれていたことがあったが、自然とのつながりが薄れた生活は、その生活が自然環境に与える影響も見えなくさせてしまうのだろう。

『ドイツの黒い森』、すなわちシュヴァルツヴァルトでも、"人間活動の影響で生じたマイナス面"が、かつて大きな問題となったことがあった。酸性雨によるモミの木の枯死である。しかし、ちょっと調べてみると、そもそもシュヴァルツヴァルト自体も植林によってできた人工林ということで、だからこそ大気汚染や酸性雨の影響を受けやすい虚弱な森になってしまったのだ、という考えも見られ、今ではブナなどの広葉樹との混合林への転換もはかられているらしい。この辺についてはもっとよく調べてみないとわからないことではある。

森林管理の方法ひとつ取っても、本書の中でさえ、

「この森は、日当りや土のぐあいが、モミが育つのにとても合っているんです。だから、人工的な植林はほとんどしないで、自然に生えてきた苗を大切に育てています」

という考えの森林管理官(コンラッド氏)もいれば、

コンラッドさんのところでは、自然のままに近いやり方で森を育てているけれど、ここは環境もちがうので、もっと積極的、計画的に植林をしています」

という考えの管理官もいて、森を育てる方法(考え方)は一つではないことがよくわかる。

このイベントでも、当然のことながら、活動するフィールドやボランティアさんの考え方によって、管理の仕方が異なっている。『ドイツの黒い森』でも、イベントで時々やる「木の伐採」の様子が載っているのだが、受け口と追い口を作って切り倒し、枝を払って空き地に並べていく様子は、イベントで教えてもらったのとだいたい同じやり方で、伐採の方法というのはどの国でもそれほど変わらないものなのだろうかと面白く思った。

また、本書には「黒森の昔の大農家」の写真が載っていたのだが、

建物は木造で、屋根はかやぶき。雪をおとしやすいようにきゅうな傾斜をつけた大きな屋根など、日本の合掌造りの家にちょっと似ています。

と説明が付けられており、本当に白川郷で見た家とそっくりだった。合掌造りの家と違うところは、最上階はなんと山から橋を架けてじかに出入りできるようにしてあり、粉挽きの臼や馬車をおいた作業場になっているところだ。1階の家畜小屋から最上階には吹き抜けの穴が空いていて、最上階に干し草を運び込むと、2階にある干し草置き場に下ろせるようになっており、さらには1階の家畜小屋まで下ろせるような仕組みになっているのだ。その土地や気候に合った家を建て、さらには合理的に使う仕組みを構築するというのは、どこの国でも行われている人間の営みなのだなあと感心させられた。グローバル化によって、かつての「合理性」は「不便」に取って替わられてしまったが、よりよい生活をしたいという人間の工夫が今の生活を作り上げてきたわけで、これからもその変化を止めることはできないのだろう。