こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

野生動物の反乱(第313号)

白山から下りた後、宿泊したのが一里野温泉にある岩間山荘。ご主人が"マタギ(猟師)"をしておられるということで、熊や猪の料理を堪能できる宿だ。女将さんが作るお料理は、家庭料理の延長線上にあるものだが、どれもこれもホッとできる味で本当においしかった。家庭料理とは言っても、熊肉と大根を炊いた熊大根や、猪鍋、猪シチュー、蜂の子などは決して「普通」の家庭では登場しないメニューだろう。特に熊の煮こごりは、これまで食べたことのないほど濃厚な旨味が口の中に広がり、熊が持っていたエネルギーをそのままいただいているという感じで、身体中に滋養がしみわたるようだった。

しかし、獣肉を無駄なくおいしくいただくためには、仕留め方や解体の方法から始まって、料理法の工夫や、下ごしらえなどなど、手間ひまをかける必要があり、決して簡単にいただけるものではない。ご主人や女将さんなどの心づかいがあってこその、お料理なのだ。

子供は初めて食べる熊や猪の肉に興味津々で、猪鍋や煮こごりなど子供の膳にもたくさん用意してくださっていたものの、わざわざ子供用に料理してくださった海老フライもそこそこに、親のお膳にまで手を延ばす始末だった。

朝食も、地のもの旬のものを中心にしたメニューで、毎日こんな朝ごはんで一日を始められたら幸せだろうなあと一瞬思ったが、用意するのが私である以上、実現はきわめて厳しい。地のもののキノコのみそ汁は、自分の分をすぐに食べ終えた子供に、美味しいからちょうだいと言われて半分ほど食べられてしまった。

お料理に見られる心づかいそのままに、宿もホッとできるところで、至れり尽くせりのサービスを求める向きには物足りなく感じるところもあるかもしれないが、ほどよい距離感が心地よく、冬にまた訪れてみたいと思わせる素敵な宿だった。

 

距離感と言えば、この『野生動物の反乱』は、野生動物と人間との適度な距離について書かれた本だ。近年、シカやイノシシ、サルなどによる農作物の被害が増え、クマが人里に下りてくるようになってきているが、それは「第1に、里山が利用されなくなったこと、第2は野生動物を保護し管理するしくみが不十分なこと」によるものだと作者は考えている。

作者によると、里山は「人がすむ村里と奥山の間にあり、野生動物と村人とが共同で使う場所」であるということだ。「人が里山にいるときは、動物たちは姿をかくし、人がいなくなると自由にふるまっていました」。

そして「人がよく里山を利用している時代には、野生の動物の多くは農作物荒らしをせず、山の中で暮らしていました」ということだが、昭和30年代中頃から、農家の生活の仕方が大きく変わり、そのため里山の利用も大きな転換点を迎えることになる。広葉樹を伐採し、建築材として有用な針葉樹を植えることになったにも関わらず、その後林業も成り立たなくなったので、森は捨て置かれ、竹林がどんどん広がり、かつて里山に豊富にあった野生動物の食べ物は、少なくなってしまった。そのために野生動物たちは人里に下り、農作物を食べ荒らすようになってしまったのだ。

野生動物が人里に出ないようにするためには、

ドングリのなる木、ブナなどの広葉樹林、ガマズミやナツハゼなどの実のなる低木林、アケビヤマブドウなどの実のなるツタ類、草地などをふくむ動物の餌が豊富な里山を作ることです。

そして、里山と田や畑の間に空き地を作り、動物が人里に出にくいようにします。

と書かれている。

それでも人里に出るようなら、花火や犬を使ってお仕置きをして奥山へ帰してやり、人里の怖さを教えてやることが肝心らしい。同時に、動物たちにすむ所を与え、動物を保護する活動も進めなければならない、と作者は述べている。

しかしながら激増する野生動物 ~福島の生態系に何が~を見ると、一筋縄ではいかない現実もみえてくる。いったん野生動物に乗っ取られてしまうと、人間のコントロールが効かなくなってしまうということがよくわかったが、乗っ取るという言葉は人間側の勝手な言い草かもしれない。里山を利用しなくなったのも、原発事故があってその土地を離れることになったのも、人間側の事情であり、野生動物からしたらそんなことは知ったことではないだろう。住民が自分のふるさとを取り戻すために、一生懸命頑張っているのと同じくらい、野生動物もまた、必死に自分の生を生きているだけなのだから。人間としては、同じ人間の住民の皆さんの努力を応援したくはなるが、人間と野生動物のほどよい距離感を取り戻すには、まだまだ時間がかかることが予想される。

本書の最後には、里山の利用法として「森遊びのすすめ」や「こどもの森を作ろう」という提案がなされているが、これは『森はみんなの保育園』とつながるところがある。「作者のことば」では、「子どもの頃、里山はよい遊び場所でした。春はフキノトウやワラビなどの山菜とり、秋はアケビヤマブドウ、クリなどの山の幸をとって楽しみました。ウマノスズと呼んでいたナツハゼの実の、甘酸っぱい味を想い出すと、今でもつばがわいてきます」とあり、まさに「野山のごちそう」を楽しんでいたことが書かれている。

だが、里山保全は手間もお金もかかる「事業」だ。かつてのように、そこに住む人の生活に欠かせない場ではなくなった里山を、いつまで、そしてどれだけ維持管理できるのか、とくに人手も予算もない地方のほとんどでは、なぜ里山が大切なの?ということはわかっていても、その荒廃をなすすべもなく見ていることしかできないかもしれない。そういう意味では、冒頭で紹介した"マタギの宿"は、里山を、生活の糧を得る場として上手に利用していると思うが、ご主人や女将さん、そのご家族や周囲の方々もひっくるめて、その土地を愛する気持ちがあるからこそ、続けられる「商売」なのだと思う。

月刊 たくさんのふしぎ 2011年 04月号 [雑誌]