こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

クリスマス・クリスマス (たくさんのふしぎ傑作集) (第57号)

実のところ私は、クリスマスが嫌いだ。

ただでさえ気忙しい年末に、異教のイベントを突っ込まなくてもいいじゃないかと思う。夫との交際中も、クリスマス・イヴを一緒に過ごすなんてイベントは一度たりともしたことがなかった。頭の中身も若過ぎた当時は、子供ができたとしても、クリスマスなんてやるもんかと粋がっていた。

しかし!現実を見れば、クリスマスツリーを背景にした、あるいはプレゼントを前にした、子供の笑顔の写真が毎年のように記録されているではないか。親は子供のこの喜ぶ顔を見たいがために、「いい子にしてないとサンタさんは来ないよ」という定番の脅し文句を繰り出しつつ、忙しない年末の合間をぬってクリスマスの準備をするしかないのだ。

「サンタさんは来ないよ」という脅し文句、来ないどころか来て欲しくない存在をもって脅すこともあったようで、『クリスマス・クリスマス』によると、セント・ニコラス(サンタクロース)はお供にむちうちおじさんを連れてくることもあるということらしい。むちうちおじさんというのは、懲らしめの袋をかつぎ、片手には木の枝の鞭をもって現れるのだそうだ。いい子にはご褒美をくれる一方、悪い子は袋に詰められて連れていかれてしまうという、何だかなまはげを連想させるような存在で、親(大人)の脅しというのはどこの国でも似たり寄ったりなのだなあとつくづく思う。

日本では、子供たちが心待ちにする日であり、カップルは絆を深める(かもしれない)平和な日である一方で、その誕生日を祝われる当の本人の生まれた地は、平穏とはほど遠い状況に置かれている。何も憂えることなく、クリスマスソングを鼻歌で歌いながら、プレゼントの包装紙を破く子供の姿に、幸せそうな子供の顔というのは何ものにも代え難い、まさに親への「クリスマスプレゼント」なのだとしみじみ思う。