こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

わたしたちのカメムシずかん やっかいものが宝ものになった話(第380号)

以前この記事で、仮説実験授業のことを取り上げたが、その提唱者である板倉聖宣先生が亡くなられた。

板倉先生のすごいところは、仮説実験授業そのものではない。子供の気持ちを知るのは難しい、だからこそ子供たちに聞かなければ分からないことも多いのだ、という姿勢である。私もついつい予断を持って子供の気持ちを判断してしまいがちだが、板倉先生はこう言うのだ。

<子どもたちの本当の気持ちはなかなか分からないものだ>ーそう考えて、いつもいろいろな角度から問いかけながら考えていくことが大切だと思うのです。(『 たのしい授業の思想』(仮説社、1988年)、176頁より)

先生のスタンスは一貫して変わらない。「たのしく学んだ知識こそ身につく」というものだ。 

 授業がたのしくなくて無理やりおぼえこまされた知識でも、だれかの仕事の下請けをするときは役立つことがあります。しかし、そういう知識は、自分自身が主人公となってものごとを判断するときには、ほとんど役に立たないのです

 「たのしい授業」というと、「先生がじょうだんなどいって子どもを笑わせたり、ろくに授業もしないであそばせることだ」と思いこむ人がいますが、それは本当に「たのしい授業」をした経験のない人のいうことです。子どもたちは今も昔もたいへんな知りたがりやです。学校の授業で自分の視野を拡げ、技能を高めてくれることをなによりものぞんでいるのです。(前掲書、24頁より)

しかし、さらに先生は、「たのしく学んだ知識」を忘れてしまってもかまわないとまでおっしゃるのだ。 

 仮説実験授業が提唱されたとき、一番先に気がついたことは、一種の定着率の問題なんです。ふつうの理科の教育だってさ、ほとんど何も定着しないわけでしょ。仮説実験授業やったって、うんと定着するわけじゃない。それで、始めから「仮説実験授業が終わった直後に残っていることは大事。あとは忘れちゃってもかまわない」と言ってたんだね。仮説実験授業を教える以上は、そこで教えたことだけは、一週間か二週間は覚えていてほしいと。

 小説を読んでても、主人公の名前とか、片っ端から忘れてたら、読み進められないでしょ(笑)。読んでる最中は覚えてないとね。でも読んでしまったあとも覚えてることはない。それより、印象として「感動した/おもしろかった」とかいう思いが残っているのが大事。授業だって、「あの授業、たのしかった」というものが残っていればいい。

 人生において、いろんなことを勉強していくんだけど、「あることに対してイメージがよくなる」ってことは、それを学ぶうえで決定的なんです。そういうことが最初はそんなに見えてたわけではなかったけど、そういうことが明確になったことが、仮説実験授業をやってよかったと思っていることの一つだね。(『あきらめの教育学』(仮説社、2014年)、8頁より)

もちろん、いつのどんな授業であっても全員に、楽しいという思いを感じさせるというのは難しいことだと思う。しかし、楽しかったという思いは、その時自分もできた、やればできたんだという思いは、たとえその知識や問題の解き方を後に忘れてしまったとしても、生きる上での自信や糧になるだろうというのだ。

『わたしたちのカメムシずかん やっかいものが宝ものになった話』も、仮説実験授業の話ではないが、"たのしい授業"の一つであると思う。岩手県葛巻町の江刈小学校の校長先生(当時)が、町の嫌われものであるカメムシを、みんなで調べて<カメムシはかせ>になろうと楽しそうに呼びかけたところから、物語は始まっていく。葛巻町において、農作物に被害を与えたり、宿泊施設に対する苦情の原因でもあるカメムシは、害虫以外の何ものでもなく、校長先生の呼びかけは、当初子供たちにとっても戸惑いのある提案であったらしい。

ともあれ「カメムシを見つけたら写真をとり、図鑑で名前をしらべ、見つけた日時や場所、気がついたことなどの記録とともに、標本としてポリ袋にいれたカメムシを廊下の壁にはりだすことにしました。」という活動が始まり、子供たちのカメムシ探しはだんだんと熱を帯びてくることになる。 いいなあと思ったのは、体育の授業中に、帽子にとまっていたカメムシを「これはじめて見るよ、なんていう名前かなあ」と声をあげた子供に、授業中だしなあと迷いながらも、校長先生のところに持っていきなさいと言ってあげた先生の話だ。

子供たちによるカメムシ調べは、

 こうして廊下の壁にはりだされるカメムシの数は、日をおうごとにふえていきました。自分の目で見つけたよろこびが、もっと見つけたいという気もちをかきたてます。

 数がふえるにつれて、学校にある図鑑にはのっていないカメムシもでてきました。カメムシしらべを、みんなが心から楽しんでいるようすを見た校長先生は、カメムシを専門に研究する人たちがつかう、日本でいちばんたくさんカメムシがのっている図鑑を買ってしらべることにしました。

という段階を経て、ついには、カメムシ研究の第一人者の方々を動かし、特別授業をしてもらう事態にまで発展していく。

カメムシの種類や識別など知ったところでどうしようもない、と思われるだろうか?もっと役に立つ勉強をさせた方がいい、と考えるだろうか?いずれ子供たちは、成長とともにカメムシの種類などの多くを忘れてしまうことだろう。しかし、自分が見つけることができた、自分で調べることができた、そして自分たちで「カメムシずかん」を作り上げることができたという楽しい経験は、決して忘れられることはないだろうと思われる。「作者のことば」によると、子供たちが採集したカメムシは、専門家の先生たちの手によって処理され、採集データとともに昆虫館に送られて正式な標本となったということだ。これは、子供たちにとって大きな喜びと自信につながることではないだろうか。

たくさんのふしぎ」編集部によるブログには、この号の取材中の頃の記事が載っていて、「たくさんのふしぎ一冊作るには、ながい時間がかかるのです」と書かれている。40ページの絵本を作り上げる裏には、地道な取材と多くの方々の協力と、創刊号から一貫して変わらない編集方針があるのだと実感できる。