こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

トルコのゼーラおばあさん、メッカへ行く(第271号)

私がトルコに旅行に行ったのは、かれこれ20年前。初めて訪れるムスリムの国だった。正教徒の国(ギリシャ)からムスリムの国(トルコ)へ、バスで国境を越えるという経験も初めてだったので、とても新鮮だったことをよく覚えている。当時持っていたパスポートを見ると、アテネを出発した後はギリシャ側のKipiを出国し、トルコ側のİpsalaから入国してイスタンブルまで向かったことがわかる。移動中の車窓から見えた、朝日を浴びた大地に羊の群れがぱあっと散らばっていた風景を今でも思い出す。休憩所で摂った朝ごはんは羊肉とトマトの煮込み。羊の脂が、ほどよく空いたお腹にしみわたってとても美味しかった。

イスタンブルでの朝の目覚めは、朗々と響き渡るアザーンによって始まった。イスラム教について「受験教科としての世界史」の知識しか持たなかった私は、これからの朝はこれが目覚まし時計か!と、ムスリムの普段の生活がどういうものかについて、頭ではなく身体で実感したのだった。

こういった海外旅行、日本人の女性である私は普通にすることができるが、ムスリムの女性の中には、その地域の慣習によって、自由に出歩くことすらできない人たちもいる。十数年前に訪れたパキスタンペシャーワルでは、外で見かける現地の人々のほとんどがサルワール・カミーズを身につけた男性たちで、女性たちは見かけないか、まれにいたとしても全身をすっぽりブルカで覆い隠していた。今の事情はわからないが、当時のガイドさんの話によると、日用品の買い物すら男性に任せなければならない家もあるようで、下着や生理用品なども旦那さんが買ってくるのだと言っていた。

そんなムスリム女性たちにとって、旅行ましてや海外旅行などは考えも浮かばないことかもしれない。この『トルコのゼーラおばあさん、メッカへ行く』 のゼーラさんは、トルコに住んでいるので、ムスリムとはいっても、外出の自由はもちろんある。ケマル・アタテュルクから引き続き世俗主義政策を取っているトルコは、ムスリムであってもスカーフを着けなかったり、飲酒を厭わなかったりする人たちもいるのだ。それでもゼーラさんは、ムスリムとしての生活習慣、たとえば豚を食べない、スカーフを着け髪の毛を隠す、肌を見せる服装をしないなどを、当たり前のように守っている。

そんなゼーラさんが、齢60も越えて初めての海外旅行、もとい巡礼の行き先がメッカというのは当然の話で、

「若いときは、メッカに行きたくたって、そんなゆとりはなかったよ。結婚して、子どもがつぎつぎと生まれて、夫が亡くなって、子どもを育てるのにせいいっぱいだった。息子たちがみんな結婚したから、やっと行けるようになったんだ」

と話す彼女の海外行きは「リタイア後の人生のご褒美」なのだとも言える。しかし、私がしているような気楽な旅行とは異なり、ゼーラさんの「巡礼」はもっとずっと思いのこもったものなのだ。なぜなら、まず国主催の巡礼ツアーに抽選で当たる必要があり、当たったとしても次には旅行費用の問題が立ちはだかるからだ。ゼーラさんはこのツアーのために、日本円にして総額40万円ものお金を工面している。パン1本が約30円という生活の中ではかなりの大金だ。そして何より、ゼーラさんのメッカ行きに懸ける気持ちの強さは、本当に巡礼という尊い言葉でしか表せない。大切に育ててきた牛までも売って費用を捻出したことも含め、滞在中1ヵ月もの間毎日無我夢中で礼拝の日々を送っていたという話は、ある意味羨ましさすら感じるほどだ。自分は確かにゼーラさんより旅をしているが、これほどまでに旅を熱望し楽しみ、願望を成就する喜びを味わったことがあるだろうか?

世俗の楽しみももちろんある。いちばん大事なおみやげであるゼムゼム水を大量(なんと総量50キロ!)に持ち帰ってきて親類縁者や近所に振る舞ったり、トルコ国内の巡礼用品店であらかじめ皆に配るお土産を買っておいたりと、ゼーラさんの振る舞いは、日本のおばちゃん、おばあちゃんが旅行で行うそれと、ほとんど変わらないものだ。同じグループだった人たちと巡礼友だちになって、帰国してからも家を行き来して巡礼話に花を咲かせたりというのも、何処も変わらぬ女性たちの楽しいひと時だ。

なすべきことの多い日々の生活から離れ、多額のお金を工面しなければ実現しない「旅行」。ただどこそこへ行きたいといっても、生活や費用のことが壁になって許されない場合もある。ゼーラさんの旅も、ムスリムとしての義務、巡礼であるからこそ、周囲にも歓迎されるものだったのだと思う。これがただの物見遊山だったら、とても貯金をとりくずしたりはできなかっただろう。日本でも江戸時代のお伊勢参りなどで、くじ引きで選ばれた人が特別に行ってこられる「旅行」があったり、無断で出かけてもお参りのためだったら許される風潮などあったようだが、どちらも"信仰"のための旅であるというのが興味深い。日常生活から外に出る、というハードルは、何か周囲の理解を得られる「理由」でもないと越えられないものだったのだろう。

同じ時期に世界中から巡礼者が集まるので、サウジアラビア政府が、人口1000人あたりひとりという基準で、各国に巡礼の人数を割り当てている」というムスリムでも行けるとは限らないメッカへ、信者でもない私が旅をすることは許されないと思うが、 

雨がよく降るため、サクランボやナシ、ヘーゼルナッツなど、木々の緑が豊かです。

という素敵な村、ゼーラおばあさんが住むヤヌック村へは一度訪れてみたいものだ。 

付録「ふしぎ新聞」の「今月も美術」のコーナーでは、会田誠あぜ道》が取り上げられている。これは東山魁夷の《》を、いわば換骨奪胎した作品だ。魁夷の《道》は、まっすぐと表現されることが多いが、実のところ私はその真っ直ぐさではなく、坂のような感じで続いているその道が、上りきった天辺からくっと右にそれていく、その行末の方が印象的だった。それに比べれば、会田の《あぜ道》はそれこそ真っ直ぐに続いていて、髪の分け目が表す田舎の女子高生のまっすぐさ、田舎の風景の、田んぼのあぜ道のまっすぐさをダイレクトに表現している。既存の絵画をモチーフにする、一見茶化しているようにすら見える《あぜ道》は、まっすぐを描いているのに真っ直ぐとはいえない絵であるところが面白い。コーナーの解説者である福永信氏も、絵のなかの「まっすぐ」と心のなかの「まっすぐ」は、同じだろうか。絵が「まっすぐ」だからって、心が「まっすぐ」だとはかぎらないんじゃないか。と問いかけている。

先日、その“真っ直ぐではない"会田誠の「会田誠展 GROUND NO PLAN」を見に行ってきたわけだが、新宿御苑オシドリを見たいという子供と夫とは別行動でギャラリーに来たはずなのに、奇しくもそこには新宿御苑が出現しており、なんとバードウォッチングをもする羽目になった。

f:id:Buchicat:20180304150049j:plain

新宿御苑大改造計画

f:id:Buchicat:20180304150231j:plain

新宿御苑大改造計画》ジオラマ

f:id:Buchicat:20180304150349j:plain

キセキレイ

f:id:Buchicat:20180304150423j:plain

ハシブトガラス

f:id:Buchicat:20180304150439j:plain

ヤマドリ

f:id:Buchicat:20180304150455j:plain

カワセミ

子供はオシドリを見られたらしいが、ここにはいなかった。