こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

日本の自動車の歴史 (たくさんのふしぎ傑作集) (第82号)

本号の著者山本忠敬の絵本は、乗り物好きのお子さんがいて、絵本を読んでやる方なら、きっと手に取ったことがあるのではないだろうか。家でも名作『しょうぼうじどうしゃじぷた』(挿画担当)を始め、どんなにかお世話になったことだろう。飛行機で帰省する折りには『ひこうじょうのじどうしゃ』を荷物に入れ、電車が好きといえば『しゅっぱつしんこう!』を買って読み、消防車に興味をもてば『かじだ、しゅつどう』を読んでやり…と、子供のそばにはいつも彼の絵本があった。

何も考えず読んでやっていたが、実は、山本氏の絵本は絶妙なバランス感覚で作られていることに気がついた。幼児向けだからといって端折りすぎず、幼い子供向けだからこそ細部まで気を配る一方で、子供が見やすいよう、情報を詰め込みすぎずにすっきりと仕上げている。上に挙げた絵本は、たとえば『ひこうじょうのじどうしゃ』など、描かれる題材そのものはすでに存在しない(日本エアシステム)ものもあるが、絵本自体は今でも現役で活躍している。本屋さんの棚、図書館の絵本コーナー、いつもそこに当たり前にあり、世代を超えて子供たちの心をつかみ続ける、彼の作品は"乗り物絵本のイデア"と言っても過言ではないと思う。

そんな山本忠敬によって作られた唯一の「ふしぎ」が、この『日本の自動車の歴史』だ。小学生も中学年ともなれば、彼にとってはもう大人なのかもしれない。48ページ構成で、自動車の歴史を余すところなく描かれた本書は、登場する車種の数も半端ない。巻末にずらりと記載された協力者や参考文献(外国語文献含む)の量たるや、この本が生み出されるまでの時間と労力を実感させられるもので、だからこそ、名作と言われる絵本をも描けるのだろう。

電気自動車は今どきのものと思いきや、けっこう前から登場していて、なんと、

終戦直後は、自動車の製造禁止とガソリン不足から、電気自動車がみなおされ、1949年には、日本の自動車保有台数の3パーセントの3299台にもなった。しかし、やがてガソリンが豊富になると台数はへって、1954年にはすがたをけしてしまった。

という時代もあったのだった。思い出してみれば、電気自動車、現れては普及しきれずにいつの間にか消えてゆくということを繰り返していたものだ。この時期1947年に登場した「たま電気自動車」を作ったのは、後に日産と合併する東京電気自動車。日産が「リーフ」で、日本の電気自動車業界をリードしつつあるのは、こういう縁があるからなのかもしれない。

数年前、夏休みの暇つぶしに日産自動車追浜工場の見学に行ったことがあるが、ゲストホールには、往年の名車(と言って差し支えないのだと思うが、車に詳しくないのでいまいち自信がない)ダットサン・ブルーバードと共に、リーフの実車も展示されていた。 

f:id:Buchicat:20180315181821j:plain

ダットサン・ブルーバード

f:id:Buchicat:20180315181855j:plain

リーフ

本書の最後の方では、

 日本の自動車輸出台数は、年々ふえて、1974年には262万台となり、ついに自動車輸出台数世界一となった。

 その後も輸出はふえつづけて、とうとう輸出相手国の不満をかい、国際問題をひきおこすほどまでになった。

と、いわゆる日米貿易摩擦について触れられているが、2003年に亡くなった山本忠敬氏も、この男が合衆国大統領になるなど、そして今さらながら「日本はアメリカに大きな船でたくさんの車を輸出している。不公平だ。」などと言い出すとは、予想だにしなかったに違いない。

この号が出たのは1992年。したがって「歴史」も1970年代までが主で、80年代についてはソーラーカーのことについて少し言及しただけで終わっている。氏が生きていたら、どんな続きを描いただろうか。

日本の自動車の歴史 (たくさんのふしぎ傑作集)

日本の自動車の歴史 (たくさんのふしぎ傑作集)

ここからは余談だが、子供がまだ乗り物好きだったころ『ダットさん』という絵本を読んでやったことがある。ダットサンを主人公にした冒険物語だ。ダットさんは、友だちのエスハチくんと、そしてヨタハチちゃんを誘ってお出かけするが、途中ヨタハチちゃんは、「つきぼしだんのトラック」に攫われてしまう。追いかけて救出に向かう二人(二台?)だが、「ベリバリきょうだい」の邪魔も入り見失ってしまうのだ。そこへ現れた救いの神がエヌコロちゃん。エヌコロちゃんの先導でヨタハチちゃんが囚われている場所へと潜入し、無事救出に成功する三人(三台)。しかし、ベリバリきょうだいの猛追によって挟み撃ちに合い、絶体絶命のピンチに陥る。もはやここまでかと思われたところ、ダットさんは「むかしおじいさんからきいた、つきのトンネルのじゅもん」を思い出す。それを唱えた四台は、ベリバリきょうだいを追撃をかわし、無事逃げ切ることができるのだ(ちなみにその呪文は、追浜に関係する言葉でできている)。ただ黙読するだけだとそんなに面白い本ではないのだが、子供、とくに車好きの子供に臨場感を出して読み聞かせしてやると、俄然盛り上がること請け合いである。家の子供も、今回久しぶりに読み直していたが、当時と同じところで楽しんで盛り上がっていた。

ダットさん

ダットさん