こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

富士山のまりも(第348号)

週末、子供が山中湖に行きたい(もちろん目的は野鳥)と言い出したので、家族で出かけることになった。それにしてもわが家は、一人しかいないこの子に甘過ぎやしないか?どこそこへ行きたいといえば車を出してやり、あそこで鳥を探したいと言われれば唯々諾々と連れてゆく。こんなことで良いのだろうか…。

陽射しが暖かいとはいえ、春は来たばかり。湖畔には冷たい風が吹きすさび、散策にはなかなか厳しいコンディションだ。湖の周りを、車をちょこちょこ走らせては歩き回り、探鳥に勤しんでみたが、目当ての鳥は見つからず。山中湖周辺はずいぶんとヤドリギが繁茂しており、ヤドリギといえばレンジャクがやってくることが有名だが、結局空振りに終わってしまった。カメラを手にぶらつく人々も目についたが、ここ山中湖では必ずしもバーダーとは限らない。富士を撮る人もいるのだ。

その後、別荘地の方に向かい、鳥が来るという水場を歩いて探しまわったが、道に迷ってなかなかたどりつかない。勾配がきつい道を行ったり来たりでかなりへとへとになり、あきらめようと子供に言ったが納得しなかった。幸い引き返した道で偶然発見し、なんとかたどり着いたものの、やって来たのはシジュウカラの幼鳥1羽のみ。帰る道々きょうは空振りだったねと言ったところ、空振りじゃないもん、かわいい幼鳥を見れたじゃない!と宣うた。私なぞここまで来てシジュウカラ一羽か、みたいなことをつい思ってしまうが、子供はそうは考えないらしい。幸せな奴だなあ思ったが、本人は車にただ乗って連れて来てもらうだけだから、山中湖くんだりまで来たという意識はないのかもしれない。

前置きが長くなったが、山中湖で「マリモ通り」という標識を見て、あっと思い出したのがこの『富士山のまりも』。マリモといえば阿寒湖が有名で、「ふしぎ」でも『まるいはマリモ』という号が出ているが、山中湖でマリモ?自分が小学生だった時、たしかマリモのお土産を買ってきたことがあるが、あれはどこのものだったのだろうか…と糸くずのような記憶をたぐり寄せながら読み始めた。

小学5年生のときの自由研究が、50年以上たってから新聞にとり上げられて話題になるとは、思ってもみませんでした。

という一文から始まる本書は、地味ながら本当に素敵なお話だ。

父母が東京生まれのため「田舎」というものをもたず、寂しい思いをしていた小学生のころの作者。友人家族にさそわれて毎夏訪れるうち、山中湖が「ふるさと」のようになっていったこと。標本作りのため昆虫採集をするはずが、戯れに持ち帰ったマリモを育てるうち、心ひかれていったこと。担任の先生が、自由研究を熱心に推進していたことから、5年生の研究は山中湖とマリモをテーマにしようと決めたこと。マリモ集めのため、お父さんがゴールデンウィーク、山中湖にわざわざ連れていってくれたこと。夏休みの間、マリモの水槽を飽かず眺め、水替えを工夫したりしながら実験し「山中湖の研究」として自由研究をまとめたこと。作者の亀田氏が5年生の時作成した、その自由研究もちゃんと載せられている。

自由研究を完成させた後も、マリモは育て続けられ、亀田氏が家を離れてからもなお、お母さんの手によって世話をされ、順調に増え続けていくのだ。家族を連れ帰省するたびに、マリモの様子を確かめる作者。この、長年マリモの世話を欠かさなかったことがのちに、新聞記事にとり上げられるような"発見"につながっていくのだ。そして長年の会社勤めを辞めた今、亀田氏は50年前の自由研究の続きに取りかかっている。

作者は研究者と呼ばれる人ではない。大学を卒業し、就職して家族をもち、単身赴任をしたり、年老いた親と同居もしたりと、ごく普通のサラリーマンとしてありふれた人生を歩んできたようにみえる。しかし、研究というものは、その対象に対する飽くなき好奇心と愛さえあれば、人生の中でいつでもどこでも始められるということを教えてくれるのだ。たとえその対象から遠ざかっていたとしても、それまでの経験や家族含め人とのつながりが、再び縁をつないでくれることもある。

お話もさることながら、斉藤俊行氏による挿絵がまた素晴らしい。『こおり』、『かしこい単細胞 粘菌』、『ゆきがうまれる』でも絵を担当していて、それぞれすごく良いのだが、私はこの『富士山のまりも』がいちばん好きだ。回想のセピア色の風景、山中湖の青、夕焼けに染まる富士、そして人の表情。色づかいもホッとできる温かい雰囲気で描かれている。もちろん、主人公である「水中のマリモ」の描写も素晴らしい。

たくさんのふしぎ」の中でも、とりわけ印象に残る1冊となった。

富士山のまりも (月刊 たくさんのふしぎ 2014年 03月号)

富士山のまりも (月刊 たくさんのふしぎ 2014年 03月号)