こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

アラスカたんけん記 (たくさんのふしぎ傑作集) (第20号)

過去のエントリーで、大竹英洋の”ノースウッズシリーズ”について紹介してきたが、その彼が影響を受けた写真家といえば、ジム・ブランデンバーグ。しかし、大竹氏には「多大な影響を与えた、もう一人の写真家」がいる。その、もう一人の写真家こそ星野道夫だ。ジムの写真集『Chased by the Light』を読み終えた彼は、謝辞(Acknowledgements)にMichio Hoshinoの名前を見つけ、ジムもまた星野道夫の作品に感銘を受けていたことに驚く。コラム内の訳では端折られているが、原文の最後には「万卒は得易く 一将は得難し」ということわざが付けられている。

Michio Hoshino, who was my stellar example of a nature photographer. Michio made his last trip back to nature in 1996 documenting the grate bears he so honored. He is deeply missed. Bansotsu wa eyasuku, issho wa egatashi

『アラスカたんけん記』は、その星野道夫が初めて書いた「ふしぎ」だ。19歳の時、アラスカに憧れていたこと。アラスカの本を読んでいて、1枚の写真に心ひかれたこと。シシュマレフという村を写したものだったこと。その村に行きたいと思い、手紙を書いたこと。住所も宛名もわからぬまま「村長さんへ シシュマレフ村 アラスカ」と宛先を書いて送ったこと。

大竹英洋も、ジム・ブランデンバーグ宛てに届くとも知れぬ手紙を書いたが、星野道夫は、そのおよそ30年前に同じことをしていた。大竹は3ヵ月待って返信をあきらめ、直接ジムのところへ飛ぶことにしたが、星野道夫の元には、半年後シシュマレフ村からの返事が届く。そして次の夏、返事をくれたエスキモーのウェイオワナ家の元へ向かうのだ。

中表紙には、シシュマレフ村のおばあさんに作ってもらった、毛皮でできたパーカーとブーツを身につけた星野氏自身の姿が写されているが、『カリブーの足音 ソリの旅』でも、大竹氏が着ていた防寒具はムースやカリブーの毛皮で作られていたし、『川は道 森は家』でも、作者の伊藤健次氏が履いていたブーツは、現地ヤール村の女性が鹿の皮で作ってくれたものだった。星野氏は山でベリー摘みをしてジャムを作ったり、たき火をかこみアザラシやカリブーの肉を食べたり。ノーズウッズでは大竹氏も薪ストーブで焼くバノックに舌鼓を打ち、伊藤氏は極東ロシア、ビキン川で獲れたばかりの魚を野外で料理し味わっている。こんなふうに、自然の中で暮らしてみたいと思いつつも、私ができるのはせいぜい山の中でのキャンプくらいなもの。その昔『大きな森の小さな家』とシリーズを読んで、インガルス一家が自然の中で生活する様に憧れたものだが、自然から衣食住を調達するというのは、その実自然に依存する生活でもある。知識や経験、工夫を積み重ねてもなお、危険と隣り合わせであり、生と死を否応無しに感じさせられる暮らしでもあるのだ。

ちなみに『雑木林の1年』のふしぎ新聞には、鐘尾みや子氏宛ての質問の他に、この『アラスカたんけん記』の星野道夫宛ての質問も来ていて「オーロラは、どのくらいでなくなりましたか。アザラシやカリブーの肉はおいしかったですか。」と尋ねているが、星野氏は、

(略)アザラシやカリブーの肉は、とてもおいしかったです。なれるのに少し時間がかかるかもしれません。肉をなまで食べるというのは、へんな気がするかもしれませんが、ぼくたちが、おすしや、おさしみを食べるのと、あまりかわらないのだと思います。

 あっ、そうそう、きのうの夜、空が晴れあがり、オーロラが出ました。

 と、アラスカから回答を寄せている。

これまで、星野道夫の作品をきちんと見たことがなかったのだが、今回この本を読んで思ったのは、隔絶した自然の中で一人写真を撮っているはずなのに、すごくにぎやかな感じがしたこと。自然の風景にせよ、クマの親子やカリブーなどの動物にせよ、そして花々などの植物にせよ、なぜか写真がおしゃべりしているような感じがするのだ。作者自身の姿がちらほら見られるから、あるいは文章のせいかな、とも思ったが、やはり写真そのものが持つ力がそう感じさせるのだと思う。亡き後もいまだ人を引きつける、星野道夫の魅力の一端を垣間見るような気がした。

アラスカたんけん記 (たくさんのふしぎ傑作集)

アラスカたんけん記 (たくさんのふしぎ傑作集)