こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

庭にできたウサギの国 (たくさんのふしぎ傑作集) (第4号)

この号を書いた河合雅雄氏は、草山万兎というペンネームをもっている。「たくさんのふしぎ」でも『昆虫少年の夢 オオムラサキ舞う森』、『野生動物の反乱』を手がけている。「ふしぎ」の一冊目のテーマがウサギ、そしてペンネームにウサギの字を入れるとは、よほどウサギ好きなのだろうと思われるが、河合氏はウサギの研究者ではなく霊長類学者だ。サル研究50年、その道の権威でもある。

なぜウサギか?「作者のことば」には、こう書かれている。

 大学生のころ、研究のために庭にウサギの国をつくって、いちばんこまったことは、どんどんふえていくことでした。せまい庭では、けんかが多くなるし、えさもたいへんです。わたしは毎日たんぼへ草かりにでかけては、ためいきをつきました。

 でも、もっとつらかったことは、やしないきれなくなったウサギを、よその人にあげるときでした。もらわれていくウサギを見送って、私はいつも半泣きでした。

この『庭にできたウサギの国』は、小学生のきょうだいが、庭でウサギを放し飼いにするという態で書かれているが、おそらくこの経験を元にしたものなのだろう。

始めに登場するのが生後40日でもらわれてきた白ウサギのシロ。その後、繁殖のためにプレゼントされた雄の黒いウサギがクロ、ということで、仲良くくっついて寝そべっている二匹の様子は、まるで『しろいうさぎとくろいうさぎ』みたいだなあと微笑ましく思った。

初めてシロとの交尾にトライしたクロは、ほとんど鳴かないと言われるウサギが、声を上げるくらい嫌がられていたが、うまくご機嫌を取って最終的には交尾に成功した。人間を含めどの生きものも繁殖に至るまでの道のりは簡単に見えて、大変なものだなあといつも思う。

大変と言えば、シロとクロの子供たちが、序列を決めるための”ケンカ”の場面もすごい。ケンカを止めようとする飼い主の明子に、一緒に見ていた知り合いの獣医師はこう告げるのだ。

「手を出したらだめ。しずかに見ていなさい。ただのけんかじゃなくて、少年少女になるぎしき・・・のようなものなんだから」 

人間の少年少女とて、スクールカーストなんてものもあるけれども、何らかの基準をもってお互い優劣を決めて過ごすというのは、集団の秩序を守る上での必要悪ということなのかもしれない。順位づけというのは、集団生活を送る生きものの宿命なのだろう。お互いに多様性を認め合うという社会が理想ではあるけれども、そう簡単にいかないのは、私たち人間も動物の一種であるからなのかもしれない。

もちろん、順位は固定されたままではない。学校を出ればまた別の順位づけがあるし、環境が変われば位置づけも変わる。職場、家庭、趣味のサークル、クラブなどなど、大人になればさまざまな居場所ができるし、ある程度は好きな場所を選べるようにもなる。しかし、今いる世界がすべて、という子供たちの目に、これから選べるだろう別の世界を見せるのはなかなか難しいことだ。

このウサギの国でも下克上が起こった。以前はアカメ(♀)、チャメオ(♂)、クロメ(♀)、シマオ(♂)という順番だったのが、“男”になったオスのシマオは、メスのアカメやクロメを打ち負かすようになり、同じオスのチャメオとのケンカも制し、とうとうトップに躍り出た。こうして、シマオ(♂)、チャメオ(♂)、クロメ(♀)、アカメ(♀)という新たな順位が決まることになった。

「ウサギの国」の物語の幕切れはあっけない。なんと今度は父親のクロが、息子たちに攻撃を加え始めたのだ。クロを隔離すれば、今度はシマオがチャメオを激しくいじめ出し、「オスを1頭にするよりほかに方法がないね」ということで、シマオとチャメオは別の家にもらわれていくことになる。オスの順位づけ、オスの独り立ちというのは、やはり過酷なものだなあと、まだまだ”子ウサギ”である家の息子を見て、ちょっとため息をつきたくなった。

 

挿絵を描いた図子光俊氏の「作者のことば」によると、ウサギの写生に行き詰まった図子氏は「うさぎ島」に出かけていたそうだ。うさぎの島といえば、大久野島が有名だが、彼が出かけていたのは、三河湾の小島ということなので、これは前島のことだと思われる。ここは当時無人島で、河合氏がウサギを放し飼いにする計画を立て、ウサギの島になったらしい。 

庭にできたウサギの国 (たくさんのふしぎ傑作集)

庭にできたウサギの国 (たくさんのふしぎ傑作集)