こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

クマよ (たくさんのふしぎ傑作集)(第156号)

『クマよ』は『森へ』と比べると、ちょっと落ちるかなあと思うのだ。

しかし、こう感じるのは私だけかもしれない。夫に聞いても『クマよ』の方がずっといいと言うし、自分はどうも感覚がズレているように思う。

2冊を見比べてみて『クマよ』に覚える違和感を考えてみたが、ふと気づいたのが『クマよ』は写真の上に文字が書かれているページが多いということ。

例えば『森へ』の方は、写真の上に字が重ねられているのは冒頭ほんの数ページ。

やがてクジラは尾ビレを高く上げ、

ゆっくりと霧の中に消えてゆきました。

という言葉が5ページ目に書かれているが、肝心の写真は、その後の6〜7ページの見開きいっぱいを使って載せられている。一見すると6〜7ページの写真に字を重ねても問題ないような感じもするが、これは絶対写真だけの方がいい。冒頭の2〜5ページでナレーション(説明文)とともにゆっくり原生林の世界に入ってゆき、次のページはパッと映像だけが写される。霧のかかった幻想的な海の風景に、クジラの尾びれが小さく消えてゆく様はあたかも映画を見ているかのようで、余韻を感じさせてとても良い。

対して『クマよ』の方は、写真の上にそのまま白抜き文字で文章が付けられている。詩的な文と写真とが一体になっていて素晴らしいと見る向きも多いと思うが、どうも私は写真は写真だけで味わいたいと感じるほうらしい。

『森へ』は写真だけでも十分見応えがあり、それだけでダイレクトに伝わってくるものがある。これは、写真は写真だけ、文章は文章だけきちっと見せる形でレイアウトされているからだと思う。文章を読んでから、写真を見る。あるいは写真を見てから、文章を確認する。そういう読み方ができる。写真だけを見られることで、文章の方からも生き生きと伝わってくるものがある。

あくまで個人的な意見だが、星野道夫の写真は、写真そのものが雄弁に語っており、あえて文章を付ける必要がないとも思うのだ。だからといってこの『クマよ』を、写真だけで構成しても良かったのかというと、それもまた違うような気もするのだが…。

実はこのひっかかる感じ、『森のおく 湖のほとり ノースウッズを旅して』でも覚えたことだった。こちらの本も、見開きいっぱいを使って美しいノースウッズの風景を見せる形で構成されているが、やはりその上に韻文的な文章が載せられている。他のノーズウッズシリーズ3冊も確かに、写真の上に字が置かれているページがあるが、それでもあまり違和感はなかった。もしかしたら文章が詩的な調子である、というところが一因なのかもしれない。

彼らの撮る自然の風景はそれだけで詩的であり、そこに詩のような文を付けると、ともすればしつこささえ感じてしまう。せっかく見開きいっぱい使って、雄大で美しい風景を見せているのだから、そのままを味わいたい。もちろん、写真に対して解説的なものも欲しいと思うが、あくまで添え物でいいと思うのだ。フォントが少し大きめというのも、写真とのバランスをとるためなのだろうが、かえってノイズとして感じてしまう。

見わたすかぎりの原野に

ぼつんと おまえがいるだけで

風景は

なんだか もう いっぱいだ

と書かれているように、星野道夫が撮る風景だけで、もういっぱいなのだ。

どちらの本も、その当の写真に著者みずから付けた文だというのに、こう感じてしまうのだから、私はどうも良い読み手ではないようだ。時間が経てば、また感想も変わってくるだろうか?

クマよ (たくさんのふしぎ傑作集)

クマよ (たくさんのふしぎ傑作集)