こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ある都市のれきし―横浜・330年 (たくさんのふしぎ傑作集) (第10号)

先日運転免許証の更新に行ってきたのだが、自分の本籍地が横浜にあることを久々に思い出した。婚姻届を作成した時、どうやら夫の実家の住所にしたらしい。転勤族なので、どちらかの実家というのがまあ妥当なところだ。しかしのちに夫の実家は家を売って引越をし、今やその住所に住む我が家の関係者は誰もいない。自分とそれに関わる者が、関係のない場所においてひもづけられているという事態…戸籍というのはつくづく不思議な制度だと思う。

本書は福音館の紹介文によると、

日本で2番目に人口が多い大都市「横浜」。でも、1656年の横浜は、ほんの小さな村でした。1986年まで330年間の横浜の移り変わりを見ていきます。

ここで取り上げられる「横浜」は、私の本籍地であるところの「皆がイメージする横浜とはほど遠い地区にある“横浜市”の一部」ではもちろんなく、関内とよばれる中心地のことである。

本書の冒頭「1986年(昭和61年)今、横浜は」に描かれる横浜は、そこから30年以上経過したわけで、当然現在は様変わりしている。横浜みなとみらい21地区は、ようやく開発が始まったかな?というところで、日本丸メモリアルパークの一部完成部分だけが見えている。横浜といえば欠かせないイメージシンボルであるヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルなぞ影も形もない。赤レンガ倉庫の周囲は、当時すでに新港埠頭の役割は終わりかけていたとはいえ、停泊している船も多くあり、現役の風情を色濃く残している。

様変わりとはいっても、ここ30年の変化は無いと言っても等しいのかもしれない。何せ1656年(明暦2年)の頃の横浜は、細長い砂州の上に営まれる細々とした農業と、小舟を繰り出す漁業で生計を立てる、戸数は数十戸に過ぎない小村だったのだから。その後の新田開発で農地が広がったとはいえ、1854年安政元年)の時点ではまだまだ静かな農漁村だった。それを一変させたのは誰あろうこの男に他ならない。

その後1865年(慶応元年)、1892年(明治25年)、1922年(大正11年)と横浜のまちの変化が描かれてゆき、関東大震災後1935年(昭和10年)の様子、1945年(昭和20年)の横浜大空襲を経て、1986年までの復興の様子が描かれている。

面白いのは中華街あたりのまちの軸線がほとんど変わっていないこと。この付近は砂州の中海の埋め立て初期に作られた土地で、そのために周囲の通りとは軸線がずれているということだそうだが、大震災や大空襲を経てもなお変わらないことに驚かされた。どのページ(時代)の鳥瞰図を見ても、ここだけきっちりずれた区画が現れている。

著者は「作者のことば」で、自分の町の絵本をつくってみようと呼びかけているが、父母や祖父母などに昔の話を聞いたり、古い写真を集めたりして、昔の町の絵を描いてみよう、どんな遊びがはやっていたかなども聞いてみると面白いだろうと言っている。そして今の町のすがたも描いてみよう、それだけではなく大きくなったらこんな町になってほしいというイメージも描いてみてくださいと続けている。昔の町、今の町、未来の町、これらを比べてみるともっと面白いはずだと。

自分の町、というものを持たない私はこれをうらやましく思う。私が比べられるのはせいぜい生まれ育った町の数十年の変化くらいなものだ。これからもそこに住む可能性はほとんどない以上、こんな町になって欲しいという願いも持つことはない。子供も、自分の町と呼べるところを持たないけれども、だから今は、大きくなったらこんな町になってほしいというイメージも持たないだろうけれども、親元を巣立ってゆけば好きな町に住みつくことはできる。そしてそこで、こんな町になって欲しいという願いを元に、現実の町づくりに協力していくことはできるだろう。しかし、このように一つ所に住む定住生活を送るのか、はたまた親のように根無し草の生活をするのか、大きくなった子供がどのような暮らしを選ぶのか興味深いところだ。

今、人口減少が進みつつあり、町のダウンサイジングも取り沙汰される中で、その土地に愛着を持ち住み続け、こんな町であって欲しいという願いを持つ人がいてこそ、より良い町に変化してゆけるのだと思うが、実際は利害関係の対立という問題から、愛着ゆえに変化を受け入れられないという感情の問題まで幅広い問題が横たわっており、一筋縄ではいかない現実も見えてくるのが悩ましいところである。

ある都市のれきし―横浜・330年 (たくさんのふしぎ傑作集)

ある都市のれきし―横浜・330年 (たくさんのふしぎ傑作集)