こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ここにも、こけが… (たくさんのふしぎ傑作集) (第195号)

子供は木曜夜「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ! 」を見ることを楽しみにしていて、その後の「所さん!大変ですよ」も続けて見ていることが多い。

先日は「村の“お宝”が盗まれた!?不思議なコケ・ブーム」と題し、稀少コケの盗難の話から、コケを愛でる「コケガール」の話、コケ農家がロウリスク・ハイリターン経営でウハウハな話などなど、ほんの30分の間に盛り沢山の内容が詰め込まれていた。コケの愛好にスポットを当てた話ではないので、いまいちコケの魅力は伝わってこず、どちらかというと、屋上緑化の一環でコケ栽培を行う会社の一挙両得ぶりに魅かれてしまった。すなわち工場には、工場立地法で「敷地面積20%以上の緑化義務」が定められているのだが、屋上でのコケ栽培は、法令遵守という本来目的に適うだけではなく、低コスト(安い・軽い・維持が簡単)の上、断熱材代わりとして空調費の削減にもなるというのだ。コケ、すごいな。

苔による屋上緑化は割と行われているものらしく、ちょっと検索しただけでも「屋上緑化システム【苔こっこ】」のような面白い名前の商品も出てきた。「長年コケ栽培に携わったプロが精魂込めて育成しています」ということだが、屋上緑化に使われるものはスナゴケが多いようで、やはり適した種類を選んで商品化しているのだろう。

プロと言うなら、コケ農家も栽培のプロなのだろうが、屋上緑化とは目的が違う以上目指す方向も違ってくる。『ここにも、こけが…』で写真を担当している伊沢正名氏も、ある意味苔のプロと言えるだろう。しかし、同じ苔をテーマにしていても、本書のスタンスはテレビで紹介されたコケ・ブームとは対照的なものだ。栽培や収集などが目的ではなく、あくまで観察のよすがとなる本。道端や庭のすみなど身近な場所に生えているコケを、ルーペなどを使って自分の目でじっくり見てみようというものだ。

表紙の美しさを見よ!樹木が葉を落とし冬支度を始める季節に、瑞々しい青を延ばし生き生きとした様を見せつけている。落ち葉の彩りはあくまで引き立て役だ。地面から遠く離れたところに付いている目では、コケの美しさを味わうことはできない。しゃがんで、もっと顔を近づけて、ルーペで拡大して、やっと小宇宙(本書の英題は"MOSS, THE MICROCOSMOS")にたどり着くことができる。

さまざまなコケの数々の美しさは、ひょっとすれば、アート系の本として出せそうな感じもしてしまうくらいだが、越智氏の文のおかげで、それとは一線を画す内容となっている。アート系が悪いというわけではないが、こと自然のものに関しては、知識も、コケの生き様のすごさや不思議さも知ることで、写真の見方も変わってくると思うのだ。写真を見て、文章を読んで、また写真を見て…たった40ページの本なのに繰り返し見たくなるのは、図鑑のようには詳しすぎもせず、かといって中途半端な内容でもなく、バランス良く作られているからだと思う。そして何より重要なのは、自分もルーペ片手に観察しに行ってみたくなること。

自分では気づかなかった世界を見せてくれること、面白さを感じさせてくれること、そしてその世界に誘ってくれること、良い本には(良いブログにも)こういう面が必ずあると思う。知れば、その世界のものを、知り合いのように友達のように感じることができる。興味をひかれ、ちょっとでも取っ掛かりができれば、さらにそのことを知りたくなる。

ちょっとの取っ掛かり…高校時代、生物の授業でコケの生殖について学んだのだが、雄花と雌花があり、造卵器と造精器が形成され、それぞれ卵細胞と精子をつくり、という形態に、人間のようだなあと考えたことを思い出した。精子は、雨などの水に触れたときに泳ぎ出して卵を目指すということなのだが、密集して生えているとはいえ、そんなに簡単に出会えるものなのだろうか?と不思議に思っていた。本書でももちろん、コケ(コスギゴケ)の生活史についてもれなく書かれており、しかし「どうやって精子が卵のありかを知るのかは、まだよくわかっていない」ということらしい。まあ、ヒトの精子だって、卵に出会ってうまく受精できるとも限らないのだから、コケだって同じことなのかもしれないが…。生殖というのはかくも神秘的な業なのだなあと、受精卵の成れの果てである我が子を見ながらつくづく思う。

ここにも、こけが… (たくさんのふしぎ傑作集)

ここにも、こけが… (たくさんのふしぎ傑作集)