こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ぼくらの天神まつり (たくさんのふしぎ傑作集) (第48号)

はやぶさが打ち上げられた内之浦は鹿児島県肝属郡肝付町にあるが、この町には面白いお祭りがある。高山やぶさめ祭だ。流鏑馬そのものは珍しいものではないが、ここの射手はなんと中学生が務めるのだ。毎年町内の中学2年生男子の中から1名が選ばれ、1ヵ月くらいの練習を経て本番を迎えることになる。馬に乗ったこともないような少年が、着慣れない衣装を身につけ、疾走する馬上で矢をつがえ弓を射て、的に命中させなければならない。町内外のお客さんが大勢詰めかけ注目される中での神事。少年にかかるプレッシャーはどれだけのものなのか、想像するに余りある。

高山の流鏑馬の主役を張るのは子供。しかし、お祭りを取り仕切るのはあくまで大人たちだ。一方、本書で、岐阜県高山市上宝町(執筆当時は吉城郡上宝村)で行われる『ぼくらの天神まつり』を仕切るのは大人ではなく、子供たち自身。「おとなのたすけをかりずに、自分たちだけでやっているのだ」。子供たちの、子供たちによる、子供たちのためのお祭りだ。(ちなみに岐阜の高山市は“たかやま”と読むが、肝付町の高山は“こうやま”と読む)

中心となるのは、地区の小学1年生から中学3年生までの子供たちで構成される「子ども会」。会長は小学生全員が多数決で何人かの候補者を選び、そこから中学生たちが話し合って決定されるらしい。お祭りの時には「少年団」と名前を変え、会長(団長)の元、役割分担をしながらお祭りを運営する。

子供だけでやるお祭りなど大したことないと思われるだろうか?本書によると、

 1年に1ど、子どもたちが、奴や山車(屋台)で行列をつくって、村はずれにある天神さまにおまいりし、獅子舞いを奉納(神さまにささげる)するおまつりだ。そのあと獅子舞いは2日がかりで、村の家を1けんずつたずね、ハナというお祝いのお金をもらう。そのお金は、本郷の子どもの会の1年間の活動資金になる。

という、中々どうして本格的なものだ。

踊りの稽古を仕切るのも子供たちならば、山車を作るのも子供たち。祭り中の食事の用意だって子供たちがする。祭りが終われば後片付けはもちろんのこと、お祝い金の集計も子供たち自身の手で行われる。お祭りにかかったお金や子ども会の1年間のイベント代を差し引き、参加した子供たちに役割に応じた給金が支払われるのだ。

子供たちがやることだからという訳でもないのだろうが、ちょっとした失敗などもある(大人だってあるのだから)。シンヤクという祭りの前夜祭の当日、朝の9時半集合で準備するのに、時間どおり来たのは団長ひとりだったり。隣の集落の少年団と約束した「起こしだいこ」に出発する時間を、カラオケに熱中していて忘れてしまったり。それでも何とかなる。

村の人たちのなかでいちばん厳しい見物客は、卒団したばかりの「先輩たち」だろう。「去年の獅子舞は迫力がなかった」というお叱りの声に、今年は汚名を挽回するべく大張り切りだ。先輩たちはもっと年を重ねれば、温かい目で見守る大人として紛れてしまうことだろう。こうした年若い先輩たちの厳しい声があってこそ、毎年より良いお祭りにしたいという気持ちが高まっていくのだと思う。

このお祭りは4月の始めに行われるが、すなわち村の人びとに「春がきたことを知らせる」お祭りでもある。子供たちのお祭りであって、なお、村に春を告げ、農作業の準備を促すという大事な役割もあるのだ。

地蔵さまと私』でもそうだったが、作者である田沼武能氏が、子供たちに向けるまなざしはとても優しい。 同じように子どもとお祭りを描いた本でも『絵で読む 子どもと祭り』とはまた違った目線だ。『ぼくらの天神まつり』では、大人たちはほとんど登場しない。大人はあまり関わらないのだから当然なのだが、私(読者)自身が、子供たちが準備を頑張っている、あるいはお祭りの合間に寛いでいる、そして真剣にお祭りに取り組んでいる様子を、田沼氏の目と同じく、そっとのぞいて見守っているような気分になれるのだ。

しかし、子供たちの数が減っていく中で、今後こうしたお祭りも維持が難しくなってゆくのかもしれない。月刊誌発行当時(1989年)あたりの時点で、本文中から抜き出すと上宝村本郷の人口は650人、世帯数は177戸2015年の時点では人口総数: 470人、世帯総数: 159世帯ということで、大きく数を減らしているわけではないようだ。ただ、お祭りに参加できる年齢層である5~9歳、10~14歳の総数は足して35人ということで、かつてと比べて参加人数は少なくなっているのだとは思われる。本文中で「在家は人口も少なく、子どもも少ない」と書かれているお隣の在家少年団の方は、当時でも男子9人、女子10人ということだったが、男5~14歳が6人、女5~14歳が11人ということで、かろうじて維持できていそうだ。しかし、総数0~4歳が1人ということで今後はなかなか厳しいのだろうなと予想される。少子高齢化はこれからが本番、『ぼくらの天神まつり』のような本は、残念ながら、衰退し消えゆく文化の貴重な記録になりつつあるのかもしれない。