こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

絵とき 生きものは円柱形 (たくさんのふしぎ傑作集) (第235号)

6月に、多摩動物公園開園60周年記念講演会「生き物は円柱形──ゾウの鼻もライオンの足も、それからミミズも円柱形!」に参加してきた。息子含め小学生たちは真ん前のかぶりつき席、大人たちは後方の椅子席だ。

風船を始めさまざまな小道具を駆使した説明があり、子供たちに質問を投げかけ、答えを聞き、レスポンスをし、合間に歌も交えながらの講演会は、あっという間の1時間。終わるのが惜しい、もっと聞いていたいと思わせる素晴らしいものだった。

講演会の後は、本の販売と即席サイン会。どの本も飛ぶように売れ、サイン会には長い列ができていた。私も、未読だった『サンゴしょうの海』を片手に並んだことはいうまでもない。子供の名前でサインをいただいた後、一緒に写真を撮らせていただいた。たくさん手を挙げて質問に答えてくれていたね、と声をかけてくださった。私は嬉しかったけれど、子供はちょっと照れくさそうだった。

 

「生きものは円柱形」だけれども、本書と同じく、まずは生き物の“平たい部分”に注目して話が始められる。講演会では小道具や身振り手振りを使って、生きもののからだでひらたいのはどういう部分なのか、それはどうしてなのか、質問と例示を繰り返しながらていねいに説明されていた。〆はやはり歌。本書にも歌詞と譜面が載っている「ひらたいてのひら」。先生は気持ち良さそうに歌っていらっしゃった。

続いて“円柱形”の部分に焦点を当てたお話。〆にはもちろん歌。タイトルは「生きものは円柱形」。♪円柱形〜のところは、拳を突き上げて一緒に歌いましょう!ということで、えんちゅうけい!の叫び声が何回も響き渡る様はなかなかシュールで面白かった。『絵とき 生きものは円柱形』には「円柱えかきうた」、「円柱なかま」という歌が紹介されているが、「生きものは円柱形」は載っていない。本号発行時点ではまだ出来ていなかったのだろうか。

この歌には、

“てこの原理の円柱形"

“円柱形は静水形"

“すばやく泳ぐ円柱は前後がスリムな流線型"

という歌詞が出てくるが、「てこの原理」や「静水形」、「流線型」という小学生には聞き慣れない言葉も、端折ることなく、ミミズやウマといった身近な生き物を例に、わかりやすく説明されていた。

先生によると「生きものは円柱形」の話は、小学校5年生の教科書に掲載されているという。調べたら光村の教科書なので、きっと来年勉強することだろう。歌も紹介してくれるといいなあ。

本川 達雄(生物学者) | 作者・筆者インタビュー | 小学校 国語 | 光村図書出版

この話はなぜ理科の教科書に載らないのか?どうして国語の教科書なのか?それは、先生のいう円柱形は、数学的な意味での「円柱形」ではないからだという。生きものの体は、あるいは体の一部は、円柱形っぽいからそう見立てましょう、ということなのだ。上記のインタビューにも書かれているが、「生きものは円柱形」の章は、野口廣氏による「見立てる」という短文とともに構成されていて、これによってうまく導入される形になっている。

先生が最後に語ったことは「嫌いなことでもチャレンジしてみよう」ということ。数学的な、厳密な意味での「円柱形」も大事だし、「円柱形」と見なそうという考え方も必要である。どちらの見方が苦手でどちらが得意だとしても、どちらも必要だということ。だから、好きなことばかりでなく、嫌いなこと苦手なこととも付き合ってみよう、それが大人になるということでもある。

「会場を出た後、動物園を見て回ることだろうけれど、ぜひじっくり一つの生きものを観察してみてください」とおっしゃるのは「1つのものをじっくり観察することが大事なんだよ」というのとまったく同じ。しかし今回もどこまで子供に届いたかなあという感じ、先生方の言葉を理解するのは、まだまだ先のことなのだろう。 

絵とき 生きものは円柱形 (たくさんのふしぎ傑作集)

絵とき 生きものは円柱形 (たくさんのふしぎ傑作集)

「生きものは円柱形」には、ウナギは円柱形♪という歌詞もあるのだが、なんと『ウナギのふるさとをさがして』で紹介した塚本先生も教科書を書いていた。やはり国語だ。

世界一の「ウナギ博士」塚本勝巳と生命のロマンに迫る|WIRED.jp

ウナギの研究をしたおかげで、小学4年生用の教科書を書く機会を得たことでしょうか。それも理科とかでなく、国語。国語の教科書にわたしたちの調査の様子を書いたんです。

子供は今4年生じゃないか…と思って教科書を見ると、2学期に配られたばかりの下巻に載っているではないか。いずれ音読の宿題で、いやというほど「レプトセファルス」を聞かされることだろう。