こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

メコン 源流をもとめて(第284号)

意識していなかったが、私は川の絵本が好きらしい。

加古里子の名作『かわ』に始まり、村松昭の「鳥瞰地図絵本」シリーズは全部読んでやっている。たまがわちくごがわちくまがわ・しなのがわよしのがわいしかりがわよどがわあらかわ・すみだがわ。子供も読み返したりしている。

その昔、多摩川をさかのぼってみようという夫の誘いにのり『多摩川散策絵図―源流から河口まで』を片手に川沿いを歩いてみたこともあるが、結局中流域までもいかない範囲で終わってしまった。

多摩川の源流「水干」にもおそらく行ったことがある。笠取山に登った覚えがあるので、行ったのだろう。広々とした河川敷をもち、あちこちに大きな橋がかかる多摩川の流れも、水干の最初の一滴から始まるのだ。

多摩川、と言う時思い浮かぶのは、中・下流域の風景だ。同じくメコン川と言われてまず思い浮かぶのは、茶色く濁った大きな流れ。人々の生活に欠かせない場であり、その恵みを受け取る場であり、憩いの場でもある。本号にも写真があるが、ラオスヴィエンチャンを訪れたときに見た、メコン川に沈む夕陽は今でも忘れられない風景だ。

メコンも川であるからにして、多摩川と、あらゆる川と同じく「源流」がある。しかしメコン川の源流など、つゆも想像しようとしたことがなかった。多摩川は山梨、東京、神奈川と複数の自治体を流れているけれども、メコン川のスケールは都道府県レベルではない。東南アジア最長を誇るこの川は、ベトナムカンボジア、タイ、ラオスミャンマー、そして中国という6つの国にまたがって流れているのだ。

川の出口、ベトナム南部にある河口は海と見紛うばかり。

 さらに河口に近づくと、濁っていた川の色がだんだんにきれいになり、海の色に変わっていきます。まわりも広々とし、陸が遠くに見えるようになりました。もう海に出たのかと聞くと、「いいや、まだ川だ」と船頭は言います。あと2〜3キロメートル先からが海だと言うのです。

 さらに進んだあるとき、船頭が「海だ」と言いました。でも、ぼくには、どこまでが川で、どこからが海なのか、わかりませんでした。(『メコン 源流をもとめて』より)

という有様だ。

一方、上流部は中国にある。メコンではなく瀾滄江と呼ばれている。河口から2000キロもさかのぼると、茶色く濁っていた水も、多摩川くらいには青みを帯びてくる。メコンに注ぐ湖洱海では鵜飼も行われている。日本ではウミウを使うが、中国ではカワウを使っているらしい。

源流部はチベット自治区チベット語では「扎曲」と呼ばれる。源流を目指しさかのぼってゆくと標高は4000メートルを超え、富士山よりもさらに1000メートルも高い4800メートルのところまで上がることになる。以前ラダックを旅したときに、標高約3500メートルのレーという街まで飛行機で一気に上がったことがあるが、ちょっとした高山病に罹り少々きつい思いをした。もっとも著者は徐々にメコンを遡ってきたわけだから、高地への順応はスムーズだったかもしれない。

いよいよの源流「最初の一滴」探しは、難航を極める。案内してくれた現地の遊牧民によると「源流は雪が多い年とか少ない年、また、夏と冬でも若干変わるというのです」。若干というのはこの大自然の中でどの範囲に及ぶものなのか。「ここまで来て源流を探し出せなかったら……」という作者の不安も宜なるかなという感じで、こちらまでドキドキしてしまった。 

このブログでは、表紙画像を紹介するため、主にAmazonの商品紹介を貼付けているが、その時に出る「この商品を含むブログ (○件) を見る」を見るのを楽しみにしている。他の人はどんなことを書いているかなーと興味がわくのだ。その記事だけでなく、今現在どんなことを書いているのか、最新のエントリーも見たりしている。

メコン 源流をもとめて』でも、ご覧の通り1件のブログが書かれているが、リンク先に飛んでみると、抗がん剤、という言葉が最初に飛び込んできた。嫌な予感がする。最新のエントリーはご本人ではなく、親族の方の手によって書かれていた。

私と同じような年代であり、同じような年頃のお子さんがいらしたというだけではなく、他のエントリーを見ると、同じく学校での読み聞かせ活動をしていたということもあり、とても親近感を覚えた。まだ一人立ちしない子供たちを残して行かなければならなかったという状況は、想像するに余りある。いろいろな思いがこみ上げてきて言葉にならなかった。

研究をされていた方だけに、カテゴリーの三分の一あまりが「本」に関わるワードで占められている。最期の日々には一時帰宅中に、病院に持っていく本を求めて、なけなしの力を振り絞り家の中を歩き回る様子が書かれている。読むのにも体力が必要だから(何しろ重いし)、きっと読めない時も多かっただろうと思うけれど、最後まで本を手放せないのだなあとちょっと微笑ましく思ってしまった。