こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

砂漠の花園(第224号)

ここ最近の「ダーウィンが来た!」は、なぜか鳥ばかり連続で取り上げられている。

第568回「住まいは東京!幻のタカ」

に始まり、

第569回「進化するだまし合い!鳥の托(たく)卵最前線」

第570回「ヒナを守れ!島を作る鳥」

と続き、来週も

第571回「踊る!浜辺のダンサー鳥」

だ。

先週放送された「ヒナを守れ!島を作る鳥」の、ツノオオバンは、日本では見かけない鳥だけに興味深かった。しかし同じくらい印象的だったのが、アタカマ砂漠に突如として現れるお花畑。そういえば『砂漠の花園』という号があったなあと思い出したのがこの本だ。

『砂漠の花園』の舞台は、アタカマ砂漠ではなく、ペルーにあるローマス・デ・ラチャイ。本書によると、ペルーではこの砂漠の花畑を「ローマス」と呼ぶのだという。ローマスの元々の意味はスペイン語で「霧」。ローマス・デ・ラチャイは「霧の丘」という意味になる。冬を中心とした5月から11月ごろまで、ガルーアと呼ばれる海霧が発生しやすくなるのだ。季節風が、付近をながれる寒流フンボルト海流によって冷やされるせいであるらしい。この濃い霧のおかげで、乾燥する砂漠で植物の種が芽を出すことができるのだ。

作者の野村哲也氏がこの花園を知るきっかけとなったのは、とあるレストランだった。「ナスカの地上絵」を撮影するために訪れていたナスカの街のレストランで、野村氏は一人の日本人男性に声をかけられる。阪根博と名乗るその人は、千年くらい前のペルーの歴史を研究していて、27年もペルーに住んでいるのだという。阪根さんの話を聞くうちにローマスのことを知り、どうしても自分の目で確かめてみたくなる。そこでなんと出会ったばかりの阪根さんに無理矢理頼み込み、1週間後に連れていってもらう算段をつけるのだ。

その後何度もペルーに足を運び、阪根氏と親交を深め、ローマスを幾度も訪れることになろうとは、この時は思いもかけなかったことだろう。

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹” 奇跡の花園

奇跡の花園」と題された2009年10月4日のエントリーには、見事に広がる花園とともに“阪根ひろちゃん”とのツーショットが写されている。 

「作者のことば」では「10歳の旅」と題し、野村哲也氏が初めて一人旅に出た話が書かれている。野村氏が望んだことではない。「10歳で旅に出る」というのが、家訓だったのだ。

「てつや、自分で時刻表を調べて、一人で泊まって、見たいものを感じておいで」

誕生日を迎えたある日のこと、野村氏は父親からそう言われ、1万5千円を渡される。始めは拒否したものの「家の決まりだから」と押し切られ、しぶしぶ家を出ることになる。行き先は飛騨古川。そこのユースホステルで運命的とも言える出会いをすることになる。それは夕食の時間、出会ったのは世界中を旅する27歳の男。面白おかしく語られる体験談に、10歳の彼は「なんて世界って広いんだろう」と衝撃を受けることになる。

世界125ヵ国を踏破しイースター島に移住もした旅する写真家・野村哲也さん

では、その10歳の時の話に加え、20歳で星野道夫の作品と出会った話が語られている。星野氏本人の元へ突撃する様は、まさに「意志あるところに道は通ず」を地でいくもので、どこかで聞いたような話*1であるところも面白い。

 

実は家も、泊まりではないものの、10歳になった息子を一人で遠出に送り出している。親がイベントを探しお膳立てして連れてゆく、という年ではなくなったと気づいたからだ。行きたいところがあるなら、自分で調べて一人で行ってこい。子供はパソコンでさくさく検索し計画を立てた。そしてリュックサックに双眼鏡とカメラ、水筒、Suica、そして軍資金1,000円を入れた財布を詰め込んで、意気揚々と出かけていった。バードウォッチングに。

出先で地震などに遭ったらどうしよう、カツアゲにあってお金を巻き上げられたら(私は経験あり)とか、いろいろ心配は尽きないものの、取りあえずお守り代わりに私の携帯を渡し(これも無くされたらどうしようとか)、目的地に着いた時とそこから帰る時に連絡するよう言い含め、送り出した。行ってこいとは言ったものの、腹をくくるのは難しいものだ。

しかし、そんな親の心配などどこ吹く風、子供はご機嫌で帰ってきた。自分の力で行きたいところに行って帰ってこられた、というのはうれしいことであり、大きな自信にもなったのだろう。野村氏のような大きな出会いではないけれど、現地で他のバーダーの方たちと会い、一緒に野鳥観察を楽しんだりもしたらしい。

その後も今日はここに行ってくる、ともう少し遠くに出かけてみたりしている。まるで「子ギツネが生まれ育ったホームレンジの外へ探検に出かけては帰る」様を見ているようだ。宿泊ありの一人旅をする日も近いのかもしれない。