こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

水のかたち(第214号)

山の朝は美しい。朝焼けに染まる山肌。光を浴びて輝く緑。朝露が日を受けてきらきら光っている。白山に登った時もそうだった。足もとの草には、蜘蛛の巣。露がおりて繊細なレースを作り出している。その様子を写真に撮っておきたいと思った。だがしかし。カメラに残されたものは、イメージとはほど遠い絵。その時感じた美しさと気持ちを思い出す縁にしかならないのだった。

f:id:Buchicat:20190311164626j:plain

私のような素人とは異なり、プロが撮る映像は、実際に見ている以上の美しさを描き出してくれる。子供が毎週欠かさず見ている「さわやか自然百景」もその一つだ。先週は「冬 北海道 十勝川河口」と題し、十勝川が作り出す厳冬期ならでは素晴らしい自然を見せてくれた。ジュエリーアイスなど、氷点下の屋外に居らずとも、暖かい自宅にあるテレビでその美しさを堪能できるのだから、なんと贅沢なことだろう。朝日に煌めく無数の氷は、まさに宝石と名づけられるにふさわしいものだ。番組ではただその美しさを写し取るだけではなく、出来上がるまでの一部始終まで見せてくれていた。自然が作り出す水と光のマジックだ。

本号『水のかたち』でも、自然が作り出す魔法を見ることができる。舞台の一つはやはり山だ。夏山から秋の山、厳冬期と、自然と水が織りなすさまざまな変化を写し出している。なかでもチングルマの実についた露のさまは、渦巻き状に象られたところに大小無数の水滴が星々のように輝き、作者が曰くところの銀河と見紛うばかりだ。

本文最後では「水は、季節や気象条件によって、さまざまにそのかたちをかえます。これから、どんな水のかたちに出会えるのか、わたしはとてもたのしみです。」と書かれているが、その出会いは一期一会だ。自然はその場その時に居合わせた者だけに神秘を見せてくれる。二度とは同じものに出会えない。貴重さにかけては本物の宝石をはるかに凌ぐものだろう。なにしろお金を出したからといって買えるものではないし、時間をかけたからといって手に入るものでもないからだ。

そして、お金より時間より何より必要なのは「目」だ。見ようとする者だけに、自然はその秘密を見せてくれる。「作者のことば」で増村氏は、いつもポケットにルーペをしのばせているのだと語っている。気になるものに出会うとルーペで観察するのだと言う。ルーペで見ると、今まで気づかなかった世界が見えてくるのだと。確かにこれまで何の気なしに見ていた景色が、「目」を持つことでまるで違った世界に見えてくることがある。わざわざ遠くまで出かけなくても、見ようとする「目」さえあれば、未知や神秘はその辺にも転がっているのだ。

たくさんのふしぎ」は、それこそ世の中には多くの「不思議」があるということで、各号様々な内容を紹介してきているが、同時にいろいろな「目」、そして目を持つ人たちを紹介するものでもあると思う。「目」は決して特別なものではなく、その気になれば自分自身で持つことができること、書かれていることは子供たちから遠くにあるものではなく、地続きでつながっているものであることを教えてくれるのだ。

月刊 たくさんのふしぎ 2003年1月号 水のかたち

月刊 たくさんのふしぎ 2003年1月号 水のかたち