こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

春の妖精たち―スプリング・エフェメラル (たくさんのふしぎ傑作集) (第241号)

週末、ときどき子供と行くイベントに、こういうものがある。

東京の自然にタッチ 里山へGO!

木を伐ったり、竹を伐ったり、草を伐ったり、とにかく楽しい。ノコギリ使って木を切り倒すなんて、自分にそして子供にできることとは思わなかった。指導してくれる地元ボランティア団体の方々は、私と子供の「先生」だ。

「先生」はノコギリの使い方だけでなく、活動場所の自然についても詳しい。スケジュールのには自然観察の時間もあるが、生息する生きものの知識の豊富さにいつも驚かされる。

 12月中旬に活動した雑木林で「先生」が、

「日が長くなると、それを敏感に感じ取って、真っ先に生えてくる植物たちがあるんですよ。スプリング・エフェメラル、と言うんです」

と教えてくれた。スプリング・エフェメラル……「たくさんのふしぎ」でも見たことがある!

3月、別の里山での活動に参加した。“スプリング・エフェメラル”が見られるだろうな、と思って。

自然観察の時間に「先生」が、これは食べられるんですよ、といいながら白い花を摘んで口に入れた。タネツケソウと言うらしい。私も真似して食べてみた。

あ、春の味だ。

と思って「春の味ですねー」と言ったら、先生も、そう、春の味です、とうなずいてくれた。

f:id:Buchicat:20170305182306j:plain

私が食べたタネツケソウ。

 

ごく単純に、ああ春が来たなーお花がきれいだなーって思うのも悪くはないが、知識があると、より楽しめるのだと思った。

春の妖精たち―スプリング・エフェメラル (たくさんのふしぎ傑作集)

春の妖精たち―スプリング・エフェメラル (たくさんのふしぎ傑作集)