こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)(第267号)

表紙タイトルの「モグラの生活」、よく見ると"グ"の濁点がもぐらを模していてとても可愛らしい。

モグラほど、身近にいながらその姿を見かけることの少ない動物も無いのではないだろうか。家の近所の河原の土手や近隣大学の構内などで、モグラ塚をよく見かけるが、モグラ自体を見ることは皆無だ。その下でどんな生活を送っているのだろう、と興味は尽きないが、モグラ塚を掘り返したところで見られるわけでもないので、モグラについて書かれた本でも読んで想像するしかない。

動物園などでなら、たとえば多摩動物公園には「モグラのいえ」なる展示施設があり、その生態の一端を垣間みることはできる。子供はやはり、モグラの動きに飽きないらしく、いつ行っても「モグラのいえ」で30分あまりを費やすことになる。

f:id:Buchicat:20180112151333p:plain

↑ 子供が撮った「モグラのいえ」のアズマモグラ

展示施設以上に楽しいのが「おしえて!モグラ先輩!」という質問コーナー。いつ見てもモグラ先輩の回答は面白くてついついにんまりしてしまう。

モグラのいえ」のモグラたちは、だいたいいつ見に行ってもそれほど活発に動いているわけではなく、観察通路の途中で止まってしまっていたり、思い出したように土を掘り始めて前進したりという感じで、モグラ先輩が言うとおり「12時間食べないと死んじゃう」生活ではないことがよくわかる。この『モグラの生活』でも、捕まえたモグラを飼育箱で飼って観察しているが、モグラはなんと一日18時間近くも寝ていて、しかしながら一日に食べる餌の量はミールワーム200匹近く、これは体重の半分近くの量に匹敵するらしい。水も1日で約10〜20ml飲むということで、

これだけの量の餌と水を、毎日自分でとるのはきっと大変でしょう。自然界ではもっと長い時間起きていて、必死で餌をとっているのかもしれません。

と書かれている。

著者は、観察用トンネルを作って実験したり、自然の中でのトンネルを観察したりとさまざまな試みをしているが、とくに面白かったのは、野生のモグラの巣を探すまでの過程だ。モグラの専門家にあたるのかと思いきや、相良直彦氏というキノコの研究をしている先生のところへ行くことになる。モグラとキノコはどう関連しているのか?その不思議な関係は、ぜひ本書を読んで確認してみてほしい。

飯島正広氏の本業は写真家、とくにモグラの専門家というわけではないのだが、知りたい、見てみたいというただただシンプルな好奇心を原動力にして書かれたこの本は、そこが子供の目線にもぴったり合って、優れた絵本になっていると思う。もちろんその道の専門家が書いた「ふしぎ」も面白いが、『ムクドリの子育て日記』や『消えたエゾシロチョウ』、『分水嶺さがし』などを読むと、たとえ"素人"であっても好奇心と行動力、観察力さえあれば誰でも科学者になれるのだと教えてくれる。そしてその道は、その道の専門家と呼ばれる人たちが作り上げた道と決して遠くに離れているわけではなく、地続きにあることがわかるのだ。

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)

モグラの生活 (たくさんのふしぎ傑作集)