こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

大根はエライ (たくさんのふしぎ傑作集)(第222号)

大根はエライ!高い!

今年の大根は高嶺の花。いつもの年なら、今ごろおでんに煮物、鍋物、大根餅などなど大活躍する野菜なのに、今年と来たら、小さいくせに値ばかり張ってとても買えるものではない。生産者の皆さんも頑張ってはいるのだろうが、こればかりは自然のこと、人間にはどうにもしようがない。

そんな年に、この大根の傑作集が出てしまうとは、幸なのか不幸なのか…とはいえ、三鷹市星と森と絵本の家にて、『大根はエライ』の出版を記念した「特別おはなし会」が開かれると聞きつけ、子供と一緒に参加することにした。すでに2〜3年前くらいに、月刊誌のを読んでやっているが、子供はこの本のことをちゃんと覚えていた。

会場は古民家を改造した児童館のようなところで、以前にも何度か子供と訪れたことがある。その名のとおり絵本がいっぱい並んでいて、子供の遊ぶおもちゃも置いてあり、外庭ではクラフト体験や昔遊びも体験できる。それほど広くはない施設ながらも、おばあちゃんちに遊びにきたような落ち着きのある所で、赤ちゃん連れから小学生まで幅広い年齢の子供たちが楽しめる、素敵な家だ。いつもは程よい人数が思い思いに休んでいる畳の広間も、きょうは『大根はエライ』の作者である、久住氏のおはなし会があるということで、開演間近には子供たちと大人たちでぎっしりと埋め尽くされてしまった。

久住氏の話によると、もともとこの『大根はエライ』は歌を作るつもりだったらしい。それが絵本の方が先にできてしまったということで、2003年9月号の「たくさんのふしぎ」として出版された。歌の方もその後、加藤千晶氏と制作して出来上がっていたらしいが、売り出すのを忘れていたという本当なのかよくわからない話で、この度傑作集が出るのと一緒にリリースすることにしたということだ。そういうわけで、このエントリーのカテゴリーも「音楽」とすることにした。

おはなし会は、久住氏による『大根はエライ』の朗読から始まり、兄弟で制作した『まる・さんかく・しかく』の同じく朗読、そして『じゃがいもコロコロ』の紙芝居と続けられた。しかし…久住氏の読み聞かせは、大人の味はあるのだけれど、はっきり言ってうまくない。うまくないのはいけないかというとそうでもなくて、子供はうまくないところが面白かったと言うのだから、読み聞かせというのはやはり巧拙の問題ではないのである。

その後、久住氏と加藤千晶氏、鳥羽修氏による「大根はエライ」のライブ演奏があり、アルバムに同時収録の「キャベツになりたい」も久住氏のソロで披露された。加藤千晶さんの名前は知らなかったが、久住氏の紹介によると、あのピタゴラスイッチの♪ピタゴラスイッチ♪を歌っている人であるということで、会場からおおーというどよめきが起こったのが面白かった。彼女はかこさとしの大ファンであるということで、みずから名作『どろぼう がっこう』の読み聞かせも行われた。前振りでかこさとしに自分のアルバムのジャケットを描いてもらったエピソードを話していたが、これが滅法面白く、『大根はエライ』を差し置いていちばん印象に残った話になってしまった。読み聞かせの後は、Eテレ0655で加藤氏が歌っている『あたし、ねこ』、子供と「おかあさんといっしょ」を見ていた時代に流れていた『ほっとけーきはすてき』(作詞・作曲)が演奏され、聞いたことあるよ、これ!と子供もすごく楽しんでいた。

おはなし会の後は、外庭で大根のみそ汁と沢庵漬けが振る舞われ、ゆるゆるながらも最後まで温かい雰囲気のイベントとなり、子供と共に満足して家路についた。とはいえ、子供がそのまま真っ直ぐ帰らせてくれるはずもなく、近くをながれる野川沿いに野鳥観察をしながら帰る羽目になったのは言うまでもない。

大根はエライ (たくさんのふしぎ傑作集)

大根はエライ (たくさんのふしぎ傑作集)