こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

落ち葉(第200号)

ここ数年、やはり毎年のように参加している公開講座が「子ども樹木博士」。構内の樹木についてレクチャーを受けた後、机に並べられた木の一部(おもに葉っぱ)を見て、名前を当てるという試験形式のものだ。

子供は樹木に詳しくないから、受けるのは当然初級コース。30種類くらいのもの(覚える種類は毎年少しずつ異なっている)を当てるのだから、全問正解はさすがに難しい。とはいえ、毎年ちょっとずつ正答率が上がっているのが、成長を感じられて面白い。試験慣れそして試験勉強慣れしている親の私は、昔取った杵柄とばかり無駄に本気入れてやっているので、満点しか取ったことはない(無駄な自慢)。

こうして試験勉強的に覚えたものが何の役に立とうか?いや、立たない……と言いたいところだが、役に立つこともあれば立たないこともある、というのが現実のところだろう。「役に立つ」というのは、草木を見て「これは〇〇」と名がわかると親しみがわくこと。これまで植物に何の関心も持ってこなかったのが、少しばかり知識を得ると俄然違って見えてくる。これは触ってもあまり痛くないから、クロマツじゃなくてアカマツの葉っぱだねとか、これは裏にYの字が見えるからヒノキだ、とか仕入れたばかりの知識を元に同定してみたくなるのだ。風景の一部であるただの「木」も、ひとつひとつ違ったものとして浮かび上がってくる。

自然観察イベントの先生、地元野鳥クラブの方々を見ていても、得意分野はもちろん詳しいけれど、植物、昆虫などの知識も豊富にもっていらっしゃることに驚かされる。鳥は鳥だけで生きるのではなく、エサとなる昆虫や木の実、住みかとなる樹木など、さまざまなものが関わっているからだ。知識が増えれば増えるほど、世界の見え方が違ってくるのだろうなあと思う。

『落ち葉』で描かれるのは、異なる種類の木の、ひとつひとつ違う木の、これまたひとつひとつ違う葉っぱが見せる美しさだ。美しいといっても、描かれる落ち葉は、虫食いのあとがあったり、まだらに染まっていたり、端っこが朽ちていたり。鮮やかな紅葉とはほど遠いものだ。しかし、濡れて朽ちてぼろぼろになった様は、時の流れまで感じさせるよう、曰く言い難い美しさがある。

作者はひとつの落ち葉を描くとき、そこに自然の風景を見るという。風の音や、なつかしい音楽さえかすかに聞こえたりするのだと。われにかえって筆を置くと、どこか遠いところへ行ってきたような気分になるという。ひとつの葉をじっくり観察し、美しさを無心に描き取ろうとする心は、作者が言うところの「落ち葉の国」にまで飛んでゆくのだろう。

この号はのちに単行本として出されている。表紙の静謐な美しさが印象的だ。まっさらな白に深い色合いがよく映えている。月刊誌はタイトルロゴなど雑多な情報を入れざるを得ないし、上製本のような紙質は望むべくもない。しかし、月刊誌版で秀逸なのはタイトルの字体だ。単行本は明朝体ベースで統一されているが、雑誌は落ち葉の「ち」だけ教科書体のような柔らかなフォントが充てられている。ひらがな一つの字体を変えただけで、何とも優しい雰囲気が出る。単行本で同じことをやると「ち」だけが目立ってしまうかもしれない。

落ち葉 (福音館の単行本)

落ち葉 (福音館の単行本)

このブログは、読んでくれる人がどの記事から入ってもいいようにと書いているつもりだが、季節感も意識していて、できる限り時季に合った「ふしぎ」を選ぼうとも思っている。しかし、今『落ち葉』を書くのはいささか早すぎるのでは?

実は前々から400号前後までに半分の200エントリを書くことを目標にしていて、200エントリ目は「200号」に合わせようかなーと目論んでいたのだ。結局、200エントリ目は200号という数字とは何の関わりもない記事を出してしまった。『落ち葉』のエントリが完成するまで待てばよかったのだが、書けた記事から公開したいという欲求に抗えなかった。

200号の記念には『ふしぎふしぎ200』という本が作られている。これまでの「ふしぎ」についての裏話の他、クロスワードパズルやなぞなぞなど、盛り沢山の内容だ。『きみはなにどし?(たくさんのふしぎ傑作集)(第94号)』の項で言及されている加納信雄氏は「たくさんのふしぎ」初代編集長だった方。「西暦2000年というくっきりした年のきざみめの年に亡くなった」そうだ。加納氏は「年のきざみ目は人間が考えた約束ごとさとよーくわかっていた」そうだが、私は自分の考えた約束ごとすら反故にしてしまうのだからどうしようもない。

ふしぎふしぎ200 (福音館の単行本)

ふしぎふしぎ200 (福音館の単行本)