こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

飛行船にのって(第296号)

本というのは失われたもの、失われゆくものの記録でもあると思う。
たくさんのふしぎ」はニッチなもの、耳目を集めにくいものを取り上げることが多いと思うが、そういう事物というのは、ひっそりと消えてゆくようなものもある。

飛行船もその一つだ。

もちろん、飛行船そのものは消えていない。
が。現在、日本で運航されている飛行船は無い(ような)のだ。
『飛行船にのって』で描かれる、ツェッペリンNT号も、ツェッペリンNTを運用していた日本飛行船も、今はもうない。
飛行船に乗るどころか、飛んでいるところを見るだけでも、海外に行かなくてはならないのだ。一度乗ってみたかったなあ…と思うけれども、運航当時のお値段はかなり高額。結局乗れなかった気もする。

この絵本は、どうしても目を、絵の方に持っていかれてしまう。
字がなくても読めてしまうのだ。文章が目に入らない。
飛行船をこよなく愛するのは、文章を付けている天沼春樹氏の方なのだが、
絵の方がむしろ、飛行船の素晴らしさを雄弁に語っている。
作者としてはどうなんだろう、と思わないわけではないけれど、これはこれで本望かもしれない。

イラストは、キャンバスの下地?がほのかに浮かび上がっているせいか、独特の雰囲気を醸し出している。今は存在しないという事実も相まって、ノスタルジックなことこの上ない。
描かれる人物は陸上クルーや操縦士が主で、乗客はほとんど描かれていない。
飛んでいる飛行船の様子、そして船内から見える風景を中心に描かれている。
この本の主人公はあくまで飛行船なのだ。

描かれるのはおそらく、首都圏周辺の遊覧飛行で、26~27ページは新宿警察署裏交差点あたりかなとか、32〜33ページはレインボーブリッジ付近かなとか。
こんな感じの風景は小型飛行機でも見られるかもしれないが、決定的に違うのは景色が流れるスピードだろう。ゆっくり進む飛行船は、空からの景色をじっくり眺めることができる。しかも窓を開けることができるのだ。まさに空中散歩だ。

「作者のことば」では、

 「ツェッペリン伯号」が、飛行船としてはじめて世界一周したのは、いまから八十年前の一九二九年のことでした。みなさんがおとなになって活躍しているころ、ちょうど百年の記念の年がやってきます。そのとき、百人もの人を乗せた空の客船が海を越えて行き来しているかもしれません。

と書かれているが、果たして10年後、実現するだろうか。

月刊 たくさんのふしぎ 2009年 11月号 [雑誌]

月刊 たくさんのふしぎ 2009年 11月号 [雑誌]