こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

なぞのサル アイアイ (たくさんのふしぎ傑作集)(第226号)

 『9つの森とシファカたち マダガスカルのサルに会いにいく』の「作者のことば」には、次のようなことが書かれている。 

 15年前の『なぞのサル アイアイ』(たくさんのふしぎ傑作集)の最後の頁は、アイアイが食べるラミーの実の小さな芽でした。今では、ほんとうに大きくなって、もうすぐ花が咲き、果実が実るところです。(『9つの森とシファカたち マダガスカルのサルに会いにいく』ふしぎ新聞「作者のことば」より)

『なぞのサル アイアイ』は、このラミーの実とアイアイにまつわる“ふしぎ”を解き明かした本だ。

日本では陽気でリズミカルな童謡でおなじみのこのサルも、生息地マダガスカルでは嫌われものであることは以前にも書いた。縁起の悪い生き物だとされたアイアイは、見つかると殺されたり、加えて生息地の破壊も重なり、一時は絶滅寸前にまで追い込まれていたようだ。

本書によると、18世紀に発見されたアイアイは、当初リスのなかまとされていたが、100年後にようやくサルのなかまであるとわかったくらいの、サルとは思えないほどふしぎな形をした動物なのだという。外見と前歯はリス、耳はコウモリ、手はサル。ギョロっとした目と、おまけに針金のように細長い中指を持つときたら、この世のものとは思えない不気味な生き物にしか見えない。嫌われてしまうのも道理である。

フォトジェニックとは言い難い外見に、夜行性であるアイアイが、闇の中でその細長い指を使って採食するさまは、暗闇の恐怖も相まって現地の人を震え上がらせたに違いない。パンダのようにかわいらしい姿だったら愛されたただろうか?

かわいらしいだの怖いだの何だの、そんなのは人間のご都合にしか過ぎない。でも、かわいらしいだの怖いだの何だのという視点ではない目で見、考えることができるのも、また人間なのだ。

 考える時間は無限にありました。小屋の窓辺から木陰の道の向こうにきらめく海を見ながら、星空のもとで砂浜に寝そべって、岩のうえにすわって谷間にわきあがるホタルをながめながら、なぜ、アイアイはこういう手をしていて、こういう歯をしているのか、ゆっくりゆっくり考えてゆきました。(本文より)

16〜17ページいっぱいに描かれた満天の星空と海の風景は圧巻だ。この文と絵を見ると、本当に現地ヌシ・マンガべ島にいて、アイアイについて考えを巡らせている気分になれる。波の音、現地の空気感まで伝わってくるようだ。

9種のシファカをすべて見るのに30年もかかったように、ヌシ・マンガべ島でのアイアイ調査も、順調に進んだわけではなかった。最初の年には、夜昼かまわず2週間、島の険しい斜面の密林を歩き回ってなお、一頭も見つけることができなかった。2年目にようやく会えたものの、その後もアイアイを見つけるのは簡単ではなく、何週間も雨のなか歩き続けただけのこともあったようだ。

現地で嫌われるアイアイは、当然生息地を案内するガイドもいないわけで、研究するにはまず見つけることから始める必要があった。何度も足を運ぶうちに、少しずつアイアイと出会えるようになってきて、ようやく食性や行動などの観察をすることができる。生息場所さえ特定できない生き物、しかも数を減らしつつある生き物の研究というのは、試行錯誤の連続であっただろうことが忍ばれる。

なんども繰り返してじっくり読む系の『9つの森とシファカたち マダガスカルのサルに会いにいく』とは対照的に、『なぞのサル アイアイ』は、次はどうなる次はどんな実験かと、ぐいぐい読ませる筆致で書かれている。観察や実験が進むたび、アイアイこんなすごい歯持ってるんだ!とか、え、アイアイそんなもの食べてるの?とか、こんなすごい指を使いこなしてるんだ!とか、驚かされることになる。

絵がまた素晴らしい。表紙は見開きいっぱいに、島から見える海の風景が描かれる。海上には一艘の小舟、陸には人のうしろ姿、そして生い茂るラミーの木。そこにアイアイのすがたはない。中表紙にもまだあらわれず、次のページにもいない。アイアイが登場するのはやっと11ページになってからなのだ。アイアイと出会えることを待ちわびる作者の気持ちそのままに、主人公アイアイの登場に時間をかけて場面が作られている。

アイアイの指や歯の動きなども、静止画を配置しているだけなのに、じっと絵を追っていくと本当に動きが見えるようでふしぎな感覚になる。どのアイアイも皆かわいらしくて(決して可愛くデフォルメされてはいない。むしろリアルだ)、生き生きと描かれている。これを読んだら、現地の人もアイアイを見る目が変わるような気がするけれど、迷信というのはなかなか拭い難いものだから、どうだろうか。しかし、作者が関わる、アイアイを始めとした希少動物とマダガスカルの自然の保護活動を通して、人々の意識も少しずつ変わってきているかもしれない。

日本アイアイ・ファンドとは?

本文の最後はこうしめくくられている。

 わたしは、裏庭にラミーの種子を植えて、苗を育てています。この苗をチンバザザ動植物公園とアイアイの自然保護区に植えるのが将来の計画です。

 堅い殻を破ってでてくるラミーの芽を見ると、新しい森林がそこに生まれてきているような気持ちになります。

 いつか、ひとかかえもあるような大木に育ったラミーの木陰で、わたしの夢がかなって、アイアイと話ができるときがくるでしょうか? 

なぞのサル アイアイ (たくさんのふしぎ傑作集)

なぞのサル アイアイ (たくさんのふしぎ傑作集)

  • 作者:島 泰三
  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: 単行本