こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ぼくの算数絵日記(第118号)

たくさんのふしぎ」を好きなのは、子供に媚びて作っていないところだ。

例えばこの『算数絵日記』、中学で学習する「マイナスの数」、高校で習うような「階乗」まで出てくる。

小学生向けの本だからといって、これは子供にはわからないだろうとか、難しすぎるとかいう考えで作っていない。

息子は小2で、算数をそれほど好きというわけでもないので、内容をよく理解して読んだわけではないと思う。階乗のところでも、50!=3041093201713378043612608166064768844377641568960512000000000000

の"!"をただのビックリマーク、すごい桁の数字が並んでるから!を付けてるものと思い込んでいた(本文ではきちんと説明してある)。でもそれでいいのだと思う。

そんな息子でも、そしてやはり算数は苦手だった私でも、そんなことは関係なく、最後まで面白く読んだのだから。どんなテーマでも楽しく読ませてしまう、そこが「たくさんのふしぎ」のすごいところだ。

…にしてもこの本は1月号なのに、本文の絵日記自体は6月というふしぎ。