読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ぼくは盆栽(第126号)

社会 101-200

これは盆栽についての本ではない。

『ぼくは盆栽』というタイトル通りの本である。すなわち、

ぼく=盆栽

”I am a Bonsai

ということだ。

巻頭にはこんな言葉が書いてある。

そんな盆栽がすきですきでとりつかれてしまったぼくは、ある時、盆栽の精となって、旅に出ました。

「ぼく」の名前は、盆栽小僧の松ちゃん

「旅」というのは、東京から京都までの500km、昔の東海道五十三次を、1ヶ月あまりかけて歩くという徒歩旅行。リヤカーに53個の盆栽を積み、各宿場ごとに、お世話になった人々にひとつずつ手渡していくという。

盆栽の精、こと松ちゃんのコーディネートは2ページ目に「松ちゃん大図解」として載っているのだが、下半身の重要アイテム「鉢パンツ」の重さが約15kgというのに、思わずのけぞった。トラベルセット一式がここに詰められているらしい。

私も学生時代、サークルのグループで、1週間くらいの徒歩旅行を何回かしたことがあるが、皆で手分けしても、荷物はやはり一人10kgくらいにはなった。これを背負って1日だいたい20〜30km歩くというのは、けっこうしんどい。ザックでもキツいのに、鉢パンツ15キロをまとって徒歩、というのは正気の沙汰ではない。

当然のことだが、途中職務質問されていたり、泊めてくれる旅館が見つからなかったり。徒歩旅行で大変なのは、やはり宿なのだなあと*1。でも、地元の人の、身にしみるほどの親切に触れられるのは、徒歩旅行でしか味わえない醍醐味だと思う。

 

作者が旅したのは1985年。それから30年あまりが経った。各地に進呈された盆栽たちは今どうしているのだろう。元気で暮らしているのだろうか?

ぼくは盆栽|福音館書店

*1:私がした徒歩旅行はテント泊だったが、設営する場所を見つけるのにやはり苦労した。