読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

変形菌な人びと(第219号)

変形菌とは、粘菌とも呼ばれ、動物的な性質と植物的な性質を併せ持つ、不思議な生物である。

学生時代、のちの夫と国立科学博物館に行ったとき、粘菌の企画展があって、シャーレに入った粘菌をもらえたので、二人でそれぞれ持って帰ったことがあった。しかしながら、まあまあお世話が大変なので、割とすぐに死なせてしまった記憶がある。夫にも聞いたら、私のよりは長生きしたが、やはり枯らしてしまったと言っていた。

本書にはさまざまな変形菌の写真がたくさん載っていて、見ているだけでも楽しい。変形菌はその名のとおり変形する生き物で「変形体」と「子実体」という二つの形状がある。どんな色の「変形体」になるかは、種類によって決まっているが、食べるものによって多少の違いはあるらしい。「子実体」の色や形は同種のものなら、世界中どこでも変わらないということだ。

かつて私たちがもらったのは、おそらくモジホコリという種類のものだと思うが、形状としては変形体の方で、子実体はついぞ見ることはなかった。というのは、十分に生長した変形体は、子実体に変わっていくのだが、変化の途中、雨に打たれたり乾燥したりすると、何にもなれずにそこで死んでしまうらしいのだ。本書の30〜31ページには、変化の様子を撮った写真が時系列で載っているが、途中さまざまな形や色に変化していく様はとても興味深い。

『変形菌な人びと』というからには、変形菌だけではなく、人、も出てくるわけだが、ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタという、ウィキペディアを見るとあやしげなイタリア人植物学者から、フランスのジャン・マルシャン、ドイツ人のハインリヒ・アントン・ド・バリー、そしてわれらが南方熊楠まで、さまざまな国の研究者が登場して、粘菌について語っている。そしてもう一人、本には直接登場しない「変形菌な人」は、写真を担当している伊沢正名氏だ。

「作者のことば」によると、越智典子氏もモジホコリを飼っていて、オートミールの他にも豆腐やヨーグルト、かびの生えた木片などいろいろなものを与えてみたらしい。 豆腐はいちばんの好物だったようだ。

これからの時期は、変形菌さがしにはうってつけの季節。飼育に再チャレンジして実験してみるのも面白いかもしれない。

月刊たくさんのふしぎ 2003年6月号 219号 変形菌な人びと (月刊たくさんのふしぎ)

月刊たくさんのふしぎ 2003年6月号 219号 変形菌な人びと (月刊たくさんのふしぎ)