こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

おもしろい楽器 中南米の旅から(第318号)

中南米と音楽といえば、私が学生時代くらいの時は、駅前の路上でフォルクローレのライブをやっているのをよく聞いたものだ。あとは、俳優の田中健ケーナ奏者として有名だが、知っていることといえばそれくらいのものしかない。

…とか何とか詰まらない前置きなぞ吹っ飛ぶくらいに、本号は音楽と楽器と人であふれている。

たとえば吹く!

たとえば叩く!

たとえばふる!まわす!ゆする!

たとえばひっかく、はじく、こする!

とにかく何か楽器をもたない人も、楽器を鳴らさない人もいないんじゃないかと思うくらいに、みな音楽を楽しんでいる。種類もいろいろなら、形もいろいろ、美しく彩られた楽器と、たくさんの人々と、そんな写真の数々を見るだけで、にぎやかな音がそこから聞こえてくるようだ。

中南米にはなぜ、こんなにもいろいろな楽器があふれているのか?元々暮らしていた先住民のところに、スペインやポルトガルなどから白人がやってきて、その白人たちがまた、アフリカからたくさんの黒人を奴隷として連れてきた歴史が関係しているのだろうと、作者はいう。中南米でさまざまな人々が往来した歴史は、苦難の歴史ともいえるものだったと思うが、言葉より通じやすい音楽、楽器というツールをとおして、楽しさばかりでなく、人生の苦しみや悲しみを分かち合ってきたのかもしれない。

月刊 たくさんのふしぎ 2011年 09月号 [雑誌]

月刊 たくさんのふしぎ 2011年 09月号 [雑誌]