こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

電子の虫めがね(第184号)

「電子の虫めがね」とはその名のとおり、電子顕微鏡のことである。虫めがねという言葉は、単なる拡大鏡という意味だけではない。撮影対象が虫であるという、二重の意味がかけられているのだ。しかし、そもそも虫眼鏡とは?虫を見るために作られたものなのか?語源をネットで調べてみたら、確かにそういう例も出ていたが、「虫のように小さなものを見るため」という比喩的な説もあり、相撲の番付表で序の口の力士が虫のように小さな字で書かれていたから、という例示もあったりして、結局のところはっきりしなかった。

本書の写真は、電子顕微鏡の中でも走査型電子顕微鏡を使って撮影したものである。こう書くと、電子顕微鏡について何か知っているような口ぶりだが、「作者のことば」で西永奨氏も言っているとおり「じつのところは私にもよくわかりません」。

科学館などで、普通の顕微鏡を使って植物や虫の観察を行ったことがあるが、そんな程度の拡大でも、違う世界が見えてくるから面白い。ハチの翅の模様ってこんなに繊細なのか、とか生き物のからだの精密さと美しさに感嘆することになる。そういえば子供のころ、すごく顕微鏡が欲しかったなーと、高価な品物だけに親にも言い出せなかったことを思い出した。今や、本格的なものに手を出さなくても、こんなにコンパクトな顕微鏡が手に入るのだから、便利になったものである。

虫嫌いな人にはなかなか手強い写真の数々だが、現物の全容が見えなければ、案外見られる写真もあると思う。たかだか虫のからだに、こんな緻密で繊細なものが備わっているとは、感動すら覚えるかもしれない。蚊の体毛とか、オキーフの絵もかくやという花びらのような形をしていて、知らないで見せられれば植物の何かとでも答えそうな代物だ。

しかしながら「作者のことば」で、西永氏はあえてこんなことを述べている。

 この本では、おもに私たちの身近にいる昆虫たちを走査電子顕微鏡によって写してみましたが、昆虫たち、および、それらが生きている世界ともいえる自然界のおどろきやふしぎといったものは、電子顕微鏡のような、とてつもなく大きな機械を使わなくても、足もとの地面やテーブルの上の花びんの花をじっくり見るだけでじゅうぶんに感じとれます。

以前「驚きの明治工藝」という展覧会に行って、自在置物の緻密さ精巧さに驚かされたことがあるが、これもひとえに観察の賜物であろうと思われる。大前提として、生き物のからだの動きを、人工素材を使って表現する技術の高さは必要とされるけれども、その前段階で、優れた観察眼と根気が要ったであろうことは、想像に難くない。今や3Dプリンターが登場して、ものづくりのハードルは下がりつつあるが、技術の進歩は自然が作り出す美しさに果たして追いつけるのだろうか?